06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

ガセットが交換できるなら 

7d6c277d3707caaa4e5c563f68604114.jpg

アイスホッケーのグローブの手革交換をしたことがありますか? 最近は、破けたら修理ではなく新品に買い換える人が圧倒的多数です。 手革交換にはなんだかんだで1万円弱の費用がかかりますので、それなら新品を買った方がお得感があるという意見には、残念ながら一定の共感をしてしまいますが、それ以上に、修理をしてまで使い続けたいというグラブが現在の市場には見当たらないというのも、悲しいですが大きな理由になっている気がします。
私がこれまでに修理を諦め、廃棄を決めたたグラブはいくつもありました。 決断の理由は、gusset(ガセット)と呼ばれる指袋の側面の革が破けることです。 いつも修理をお願いしているショップでは、ここが破けるともう修理できないと説明を受けました。 その言葉を、「(作業困難で)修理できない」と勝手に勘違いしていたのですが、正しくは「(手革と違ってメーカーからガセットの交換革が販売されていないから)修理できない」だったのです。 材料がないというだけ!なんてこった!
この勘違いに気づいたのは、海外のグラブリペア事例を検索している時に、トップの写真を見つけたからです。 ガセット張り替えてるじゃん!(´゚д゚`) こうした海外の業者は、自分で革を購入してきてガセットの形に裁断して使っています。 革さえあれば修理自体は可能なのです。 そして、手革(palm:パーム)とガセット以外には、アイスホッケーのグラブで壊れる部分はありません。 手革に加えてガセットをも交換できるとわかった今、同じグラブを20年・・・あるいは死ぬまで使い続けることも不可能ではありませんね。

2017/05/21 Sun. 11:25 | trackback: -- | comment: 0edit

情熱には大いに共感するが 

23a9b0_9f8ec6fdf5764c9bb1d27910a8222ea1~mv1

少し前、このような研磨機が話題にあがりました。 Performaxxという、ケベックのメーカーです。 「できたてホヤホヤ!」と言うほど新しいわけではなく、3年くらい前からの情報をたどることができます。
結論から申し上げると、私はこの研磨機にあまり魅力は感じません。 既存の研磨機と内容的にそれほど違いがあるわけではなく、単純に、工業機械としての精密さを底上げしたというのがその大旨だと感じられます。 他との違いが唯一顕著に見いだせる点があるとすれば、砥石をドレッシングして研磨に用いるのではなく、ロータリードレッサーで直接研磨を行うところでしょう。 これは確かに、仕上がりなど見てみたいです。
明らかに個別制作であるロータリードレッサーは、1つ5万円で作れるかどうかも怪しい代物で、それを何十枚も作るだけで相当な値段になります。 その耐久性がいかほどであるのか、私には正確な予想はできません。 ただし、Blackstoneのスピナーが自分使いですら数年の使用で剥離してしまった例を鑑みるに、では、お店で毎日十足以上の研磨に使ったら・・・と考えると、「それってプロユースの道具デザインとしてどうなんだ」という疑問が浮かんでくるところです。
真に次世代の研磨機というものは、①どれだけ平滑に仕上げられるか ②元プロファイルを保存して研磨できるか という2点に集約されていくことは明らかです。 この研磨機は後者についてはそれなりに実現できていますが、これ自体は、形式的にもウン十年前に別機種が達成済みです。 ロータリードレッサーによる直研磨で前者が達成できているのなら素晴らしいと思います。

2017/05/14 Sun. 16:53 | trackback: -- | comment: 0edit

マキタのブロワーでよかった 

Makita EUB4250マキタのエンジンブロワーを購入しましたが、しばらく使ってみて、なかなかよい買い物をしたなと思えるようになりました。 毎日掃除で使っています。

4 cycle engine blower is exactly the best choice for my everyday work.

-- 続きを読む --
2017/05/07 Sun. 21:44 | trackback: -- | comment: 0edit

4サイクルエンジンはマキタだけ(たぶん 

Makita EUB4250 engine blower

マキタのエンジン式ブロワー・EUB4250を購入しました。 庭掃除に使う予定です。 既に一台、コード式の電動ブロワーがあるのですが、機動力は低いし、風量・風圧も貧弱だし、やはりブロワーはエンジン式に限ります。
マキタ EUB4250は、数あるブロワーの中でも、私の知る限り唯一4サイクルエンジンを搭載しています。 他の物は2サイクルエンジンです。 このあたりの説明はくどいので省きますが、前者はガソリン燃料がそのまま使用可能で、後者は、ガソリンにあらかじめオイルを添加する“混合燃料”で働きます。 私は、混合燃料を使用することついてネガティブな印象しかないので、ぜひ4サイクルエンジンのブロワーにしようと決めました。
ブロワーを導入する主目的は、竹箒と庭、双方のダメージを減らすことにあります。 あまり認知されていませんが、竹箒というものは、“毛先”がなくなってしまうと著しく能力が失われます。 見た目に変わりがなくても、柔らかい毛先がなくなってしまえば葉っぱをかきだす能力がなくなってしまうのです。 石やアスファルトの地面を掃除すると消耗は特に顕著で、竹箒をヤスリで削っているようなものですから、太くて硬い“芯”しか残りません。 そのような竹箒を土の地面で使用すると、引っかき傷を作ったり、苔を傷めたりします。 掃除は毎日行いますが、行うほどに苔にダメージを与えるとは、本末転倒です。
ブロワーには、このような問題の軽減を期待するものです。 アスファルトや砂利が敷いてある駐車場をブロワーで掃除できれば、竹箒は土の上だけで使うように運用できます。 苔も潤い、剪定などに時間を回すことができるでしょう。 期待しています。

2017/04/30 Sun. 23:55 | trackback: -- | comment: 0edit