08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

パッド入りのも作ってもらおうかな 

Kashima 5 gold copy by Berk

カーボン製品を得意とする、東欧のスポーツ系用品工房・Berk Composites から、注文しておいたサドルが届きました。 カシマサドルのファイブゴールド 7番のカーボンコピーです。 目立つ変更点としては、先端を 25mm 詰めて短くしてあります。 元来が 320g 近くあるファイブゴールドでしたが、この注文を経て、一気に 200g 弱の軽量化ができました。 サドルレールも、原型と同じ競輪用 30mm レールです。

パッドは無し。 滑り止めのために表皮に革張りの仕上げです。 一応、この動画と同じ造りにしてもらったのですが、実物は全くと言ってよいほどしなりません。 工房に確認もしましたが、間違いなく同じように作ってあって、実際のしなり方が異なるのは、サドルその物の形状の問題だそうです。 もっと平べったくて、サイドスカートのないデザインなら、同じようにしなるはずだとのこと。 サイドスカートがあって、エッジがないサドルが私の絶対条件です・・・ 残念ではありますが、現状でもずいぶん満足していますので、このまま使うことにします。

最近の東京の暑さは異常なので、もはや9月半ばを過ぎる頃まで自転車に乗る気はゼロ! 早く使ってみたい気はありますが、出番は当分先のことになりそうです。

2017/08/13 Sun. 17:17 | trackback: -- | comment: 0edit

Alpha QXのシャフト形状 

custom ordered stick dimentions

この画像は、私がここ数年で使用したスティックの余り切れを並べ、その断面を撮影したものです。 上から、①Easton V9E(スタンダード) ②Warrior Alpha QX ③Warrior Covert QRL ④Easton S19(スクウェア・シャフト) という順番です。 形状にずいぶんと差があることがわかります。 これほど違いがあっては、エンドグリップも角が突っ張って入らない場合があるので、物を見て調整しないといけません。

私がこの記事を書いている現在も使用しているのは「④」のスティックで、このように角ばっているシャフトが好みです。 翻って、その逆である「②」のスティックは苦手です。 少しおもしろいのは、「②」のようなスティックを使うと「細い」と感じます。 しかし、ノギスで外径寸法を計測すると、①~④のスティックは0.5mmの誤差もなく 全く同じ大きさなのです。 違いは、角の丸みだけ。

ところで、今回のAlpha QX (画像②番)は、シャフトの四方側面が凹んでいる造形です。 こうなると、角がとれていても気にならず、がぜん握りやすいと感じます。 正直な感想として、これなら私は「アリ」です。 また、キックポイントも実際に使用してみて、従来より使用してきた Easton のエリプティカル・テーパー・シリーズのスティックと非常に似ていると感じました。 Covert QRL は、キックポイントが低すぎて合わないと感じましたが、当時はローキックが Covert で、ミッドキックが Dynasty という住み分けでしたので、その中間として Alpha が出るという情報から「きっと類似するスティックになっているはずだ」と選んだ経緯があります。 その予想は見事当たっていました。

実際に自分が使っている柔らかさのスティックが届かない限りは、完璧に評価を出すことはできません。 しかし、とりあえず現時点で言えることは、Easton V9E や RS2、S19 等から買い替えを検討している方は、ぜひ Alpha QX を試してみてください ということです。

2017/08/06 Sun. 22:07 | trackback: -- | comment: 0edit

「音量」だけでなく「音質」も重要なのでは 

Makita MUB362 blower

以前このような記事を投稿しましたが、実は、その後エンジンブロワーの調子が上がらず、現在は電動式の MUB362 を買い直して使っています。 4サイクルエンジンブロワーである EUB4250 は、4回以上のサービス工場送り、1回の新品交換、2回の部品交換を経ても不調を収められず、私の使用方法ではすぐに故障してしまうことがわかりました。

端的に言えば、エンジンブロワーは全開・フルスロットルで使用することを前提に設計されているので、それ以下で使用すると、少なくとも マキタ EUB4250 は故障してしまいます。 なぜそのような事態になるかというと、ガソリンを燃焼させた際に生じる“煤”をうまく排出できないためです。 強い送風を行っていれば、エンジン内部に煤が溜まることはなく、スパークプラグも適正な状態に保たれるそうです。 私はというと、アイドリングか、それよりほんの少しトリガーを引いただけの送風で充分掃除ができるので、エンジンの自浄作用が働かない領域ばかりで運転していました。

加えて申せば、自浄作用を利かせるためだけに、3~5分程度のフルスロットルでの空ぶかしをすれば、煤によって完全にエンジンが沈黙する前に正常な状態に戻すことができることもわかりましたが、不調の兆候が顕れるまでにかかる時間は、掃除3日分しか余裕がないこともまた判明しました。 これほどの頻度で、実際の掃除とはなんら関係ない無意味な空ぶかしを必要とするのは、私にとってはあまりに難儀です。

MUB362 は、私の持っているバッテリーと組み合わせれば、最も弱い送風レベル「1」で、1時間20分以上運転することができます。 実際、庭のほとんどの領域は「1」の風で充分です。 摩擦の大きいアスファルトの上とか、なかなか取れない葉っぱがある場合は「2」にすることがある ・・・という程度です。 「最大送風レベルの『6』で使うと10分しか運転できない」という情報があまりに衝撃的で、あまり積極的に買うつもりになれなかったのは、少なくとも私にとっては杞憂でした。 私は、既に他の工具等で MUB362 と共用のバッテリーを持っていたので、購入は本体のみ 実売2万8000円程度の出費でした。

使ってみて、エンジン式より便利だなと思った点があります。 風の強弱や、停止・送風の操作がとても便利で行いやすいのです。 エンジン式では絶対にできないような微風運転が可能なので、最後に落ち葉を吹き寄せる際などとても便利です。 逆によくないと思った点は、音がまさに掃除機そのものだということです。 これは私の主観的な感覚かもしれませんが、掃除機というのは「家庭の中で使われる物」というイメージがありませんか? エンジンブロワーの音だって、近所迷惑には違いありませんが、屋外でエンジン音がするということ自体は ほとんどの日本人にとってごく普通のことです。 でも、外で掃除機を使っている人なんていません。 「家庭の中の音」が自分の家のすぐ外から聞こえてきたら、なにか他人の生活が迫ってきたような感じを受ける人も少なくないような気がします。 むろん、これは私の考えた限りのことなので、「掃除機の音は慣れてるから、むしろ親しみやすい」と思う人もあるかもしれませんが。

懸念することといえば、バッテリーの費用くらいでしょう。 どれくらいでバッテリーが寿命になるのかわからないため、エンジン式との燃費差は未知数です。 あとはノズルの種類をエンジンブロワーと同じだけ用意してくれれば言うことはありません。 現状は、扇形も先細り丸形もなく、写真に写っている太い丸筒だけなのが残念です。

2017/07/30 Sun. 10:01 | trackback: -- | comment: 0edit

責任はとってもらう 

第4回カスタムスティック発注完了』 (2017年1月22日)
安定するまでは鞍替え』 (2016年11月27日)

上記2つの過去記事にあるように、昨年から準備を始め、今年に入って実際にWarrior社へカスタムスティックを発注しました。 実は、既に1ヶ月前に商品は届いていましたが、その報告が今になったのには理由があります。 結論は、注文時の仕様を無視して製造された物だったため、クレームを入れて係争中であるということです。

Alpha QX
届けられたスティック。 見た目は普通だが・・・。

冒頭で紹介した記事にも書いたことですが、このスティックは、私が使用する実際の長さに対して 80flex になるように発注しました。 「80flex は純粋に80flex なのではないか?」と感じる方もいるかもしれませんが、それは違います。 スティックに記載されているフレックス表示は相対的なもので、本来は「(メーカーの生産する長さに対して)○○ flex である」という 前置き付きの言葉なのです。 例えば、100cm と 50cm のスティックが売られていて、どちらにも「80flex」と表示されていたら、後者の方がずっと柔らかいということです。

実際に長さの違うスティックといえば、ジュニア用、インターメディエイト用、シニア用でそれぞれ異なりますね。 よって、これらに同じ「80flex」という印字があったとしても、その絶対的な柔らかさは異なり、もしエンドプラグを挿して全てのスティックの長さを同一にしたら、3本全てが同じ「80flex」表示だというのに、硬さがそれぞれ全然違うスティック となります。 これがもう少し小さい規模(だいたい1~2cm程度)で生じるのがメーカー間での差で、例えば、「Bauer と Easton では、同じフレックスでも Bauer の方が硬い」などという風潮が生じる最大の理由がこれです。

私はこうした事情を考慮した上で、まずはWarriorがオプション表に記載している「Custom length」というサービスについて問い合わせをしました。 この項目が、私が上段で指摘した内容を回避するために、指定した長さに対して指定したフレックスになるよう生産するものだとしたら 利用しない手はありません。 しかし、当然ながらそうではない可能性も容易に予測できます。 「Custom length」というのが、ただの「出荷前切断サービス」に過ぎない というケースです。 工場で、Warrior の通常の長さで生産し、出荷前に指定された長さにちょん切って発送 ・・・という可能性はあり得ます。 そうなれば、実際には100flex 以上の硬さになったスティックが届いてしまいます。

flex measuring
簡易測定の様子 やはり届いた物が最も硬かった
計算上、65flex より硬くなることはあり得ない

もったいぶらずに顛末を語りますが、上記質問に対して Warrior は ①「単なる切断サービスではないよ。 ちゃんと、指定された長さに対して指定されたフレックスになるよう生産するよ」と回答。 それを受けて私は ②「54-3/8"(市販品より約15cm短い)に対して80flex になるように」と発注。 その後、届いたスティックがあまりに硬く、即座に ③「これは60"(市販品の長さ)に対して80flex の計算で製造されたのでは?」と問い合わせ。 それに対してWarrior は ④「仕様書通りに作った」と回答。 しかし、実際にはどう考えてもおかしいので、加圧測定などを行って客観的証拠を準備しているところに再び代理店から連絡があり、 ⑤「『仕様書を無視して作った』という報告がきた」ことを告げられました。

ここで私の心象として重要なのは、Warrior が“故意”に仕様を無視して物づくりを行った点です。 仕様を読み落としたり、仕様書の文章を誤認して“失敗してしまった”のではなく、「面倒だったから」という理由で あえて無視し、顧客や代理店に変更を相談や通知せず製造し、そのまま出荷し、その結果顧客から寄せられた確認の連絡に対して「あんたの注文通りだ、何か問題でも?」としらまで切ってみせたわけです。 これはずいぶんな態度だと言わざるを得ません。

現在は代理店を通じて対応を協議してもらっていますが、私としては珍しく、びた一文まけてやるつもりはありません。 通常、ワンオフで物づくりを依頼した際は、例え作り手側の“失敗”だったとしても、半額負担してあげるとか申し出ているのですが、今回のように悪質な経緯がある場合は全く別です。 全部返品(当然、試用のため切断し使用した分も含めて全て)の上、55flex で生産しなおしてもらいます。

2017/07/23 Sun. 07:04 | trackback: -- | comment: 0edit