01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

青いナンバープレート 

number plate N



ミニカーという車両規格を知っていますか。 子供のおもちゃではありません。 実際に公道を走ることのできる、一人乗り限定のクルマがミニカーです。 最近ではトヨタ車体の “コムス” というミニカーを、セブンイレブンが配達用に配備するようになったので、わからない人にも「あれだよ」の一言で説明がしやすくなりました。 しかし、依然としてあまりよく知られていないことは事実です。



この青いナンバープレートがミニカーの物です。 ミニカーは原付き自転車扱い(の中の一区分)なので、車検がありません。 よって、自治体の役所を訪ね、車体番号など必要な情報を記入した書類を提出すれば、その場でナンバープレートを交付してもらえます。 私もこうして、新宿区役所からナンバープレートを持って帰ってきました。



車検のある自動車のナンバープレートは、資格のない人物には取り外しができないように特殊なネジキャップで封印されています。 一方、こちらミニカーのナンバープレートは封印が必要ないので、ナンバープレートを受け取る際に、その取り付け用ネジ(ただの六角ボルト&ナット)をもらいます。 これだけでも笑える話です。



ミニカーはとても楽しい趣味にできそうで、今からたいへんわくわくしています。 いずれこのブログにもミニカーカテゴリをつくるかもしれません。

スポンサーサイト
2018/02/11 Sun. 11:13 | trackback: -- | comment: 0edit

Sparxによるホーニングへの見解 

sparx_deburring

(記事 URL:http://bit.ly/2DdJcCf

北米で確かな支持を得ている、家庭用全自動スケート研磨機・Sparx。 この会社は、その実とても真摯に知識を探求する姿勢が見てとれるので、悪く言う人はほとんどいません。 彼らがホームページ開設当初から提供してきたブログには、興味深い情報が数多く含まれています。 今日は、その中からホーニング(バリ取り作業)について書かれた記事をご紹介します。



Information about deburring of skate sharpening by Sparx.

-- 続きを読む --
2018/02/04 Sun. 17:15 | trackback: -- | comment: 0edit

日本製部品の重用 

有名な話ではありますが、トレンクルには日本製の部品が数多く使われています。 もはやここまで偏っているなら、意図的に 日本製にこだわって選別されたことは明らかです。





traincle




チタンパイプは大同鐵鋼



traincle




ハンドルやピラーは日東



Mikashima pedal




ペダルは三ヶ島



traincle




制動系はヨシガイ



Sugino Crank




駆動系にスギノやシマノ



Suzue hub


National tire


traincle




タイヤはナショナル、スポークは星、リムはアラヤ、ハブはスズエ



traincle




ヘッドセットはタンゲ



traincle




グリップは OGK






トレンクルに使われた部品で、目立って日本製でなかった物といえば、6500 モデルのフライトサドルくらいのものでしょう。



トレンクルプロジェクトを成し遂げた方々には申し訳ありませんが、私は 日本製にこだわることなく部品交換をしていく つもりです。 フレームを除く純正部品のうち、今後も残るのはリムだけになるかもしれません。



純正のリムは非常に軽く、それ故にクラックが入る事例が多数報告されていますが、それが数年に一度という程度の話ならば、私は「別にいいか」と思っています。 むしろ、「数年に一度、ゆるやかに壊れる程度の強度で よく軽く作られている」なんて、軽量化部品としては 100 点満点に近いくらい、実によくできた物だ と感心してしまいます。

2018/01/28 Sun. 20:14 | trackback: -- | comment: 0edit

OGK グリップの除去 

 removing=
traincle
removed OGK grip


お久しぶりのトレンクルネタです。 とっくに購入してあったブレーキレバーを取り付けるため、グリップエンドを取り外しました。 普通は空気を送り込むのが一般的な方法ですが、あいにく道具を持っていません。 それで長らく放置していましたが、もう最悪の場合はグリップを切ってしまえばいいか・・・ という投げやりな気持ちで作業開始。 ところが実際に作業してみると、ドライバーを突っ込んだ隙間にラスペネを流しただけであっけなく取れました。 もっと早くすればよかった・・・ _(:3 」∠)_



本当はすぐにでもブレーキレバーを取り付けたいところですが、他の作業が前後する可能性が出てきたため、また放置になるかもしれません・・・。

2018/01/21 Sun. 10:58 | trackback: -- | comment: 0edit