07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

2015年4月の検索ワードピックアップ 

いやー この1ヶ月死ぬかと思いました。 とりあえず再開です

1. 「ゲージ 大口径プーリー」

ケージ

2. 「BROOKS リペアセンター」

まだオープンしてないらしいね(知ってた(知ってる

3. 「左右の物を縛るとき緩まないように紐を縛る方法」

左右の物とは

4. 「ホッケー靴 エッジが滑る

そりゃまぁ滑るために付いてるもんですから

5. 「hensin pedaru zenshoji」
ファンなの

6. 「ディレイラー 自作」
あやかりたいです

7. 「革サドルをやわらかく」
してはいけない。

2015/05/22 Fri. 15:47 | trackback: -- | comment: 0edit

バナナで釘を打つ 

手らへん無題
810mmライン付近のローレット

先日から使っているAtlas FitnessのS-400という高強度バーですが、グリップ力に不足を感じてテープを巻いて使っている と書きました。 しかし昨日、ワークアウトの準備で中央部分にパッドを巻いている時、場所によってローレットの加工具合に違いがあることに気づいたのです。
中央付近は左右ともにローレットの“キレ”は充分で、これまで使っていたIvankoの物と遜色ありません。 しかし私が手を添えている810mmラインの近くまで進むと、ローレットのトゲが半分くらいまでなくなって台形のような感じになり、さらに進んでプレート近辺にまで至っては、もはやローレットはただのマス目のようになりグリップ力はほとんどありません。


中心無題
中央付近のしっかりと切れたローレット

この点についてAtlasに問い合わせしてみたところ、会社内における基準・精度審査にはきちんと適合している正常な出荷品であることを確認してもらいました。 曰く、高強度バーは素材自体の硬度が通常のバーよりも高いので、会社としてはこのようなローレット加工が限界、とのことでした。
私が購入を検討したのはIvankoのB-50という製品で、そちらは5万円もします。 Atlasのは半額。 同じクオリティを求めるのは間違っていますし、私は2万5000円で高強度バーを買うことができて毎日のワークアウトが続けられますし、充分満足しています。 そもそもIvankoのだって私は実物を見たことがないので、実はそちらもローレットのクオリティが保たれていない可能性はあります。


はしっこ無題
末端付近 ただのマス目になったローレット

「素材が硬いからそうなってしまう」という回答をもらって、苦労されているんだろうなぁと思いました。 このバーの加工状況を見る限り、ローレットはバーの中央付近で最も正常で、末端に向かうにつれ“きれいに”甘くなっていきます。 良くなったり悪くなったりというムラは見受けられないのです。
つまり、「素材が硬いから普通と同じにはできない」という理由でこのような仕上がりが完成するというなら、バーの中央からローレット加工を切り始めて、末端へ行き着く頃には切削工具の先端が寿命を迎えてしまうので、徐々にローレットの深さあるいは幅等が甘くなってゆき、片側の加工を終えて反対側の加工を始める際には一度先端の刃物を新品に交換し再スタートするものの、こちらもやはり切り進むうちにどんどん刃が丸くなって 結果このようなローレット加工になってしまう、というくらいしか思いつきません。 友人が「バナナで釘を叩くような加工でコスパが心配だ」と言っていましたが、なかなかの苦労が伺えます。

2015/04/15 Wed. 15:12 | trackback: -- | comment: 0edit

2015年3月の検索ワードピックアップ 

1. 「hensin pedaru zenshoji」
あなたは誰ですか

2. 「pf30はだいじょうぶか」

こういうのおもしろい

3. 「ステム 短い かっこ悪い」

「短くてもかっこいい」とかじゃないんだ 決まっちゃったんだ

4. 「心が振れる」
ホイールも振れる

5. 「ステム長い かっこいい」
せやな

6. 「こころが振れる」
もうなんなん

7. 「Definitive Gitane ほしい」
買いなさい

8. 「ホイール 蜘蛛っぽい」
蜘蛛っぽかったんでしょうねぇ


2015/04/07 Tue. 12:38 | trackback: -- | comment: 0edit

2015年2月の検索ワードピックアップ 

FC2ブログには公式のアクセス解析ソフトがあるんですが、訪問した人がどんな検索キーワードでここに辿り着いたのかわかる仕組みになっています。 これ、見てるとけっこうおもしろいんですよ。 なのでちょっと企画として、1ヶ月単位くらいで個人的におもしろかった検索キーワードを拾ってみようと思いますw

とりあえず今回は2月の検索ワードから。

1. 「Qファクターが160以下」
 ずいぶん謙虚でらっしゃる

2. 「BB Height 測り方」

 BB dropと勘違いされてるのでは

3. 「edgeチュウブラエアロホイルのハブ」
 こういうの大好きです

4. 「エクスタープロトン」
 いいと思います

5. 「オーダーサイクルシューズ エイサップ」
 また一人救ったんだな、と

6. 「高くて質の悪いデュラのグリス」
 食べる人ですかね

7. 「エクタープロトン 塗装」
 これほぼ毎日検索されてるんですよね(何かを察する


2015/03/07 Sat. 10:23 | trackback: -- | comment: 0edit

気分は貼庫 

repairing floor左官屋さんのまね事を始めました。





-- 続きを読む --
2015/02/19 Thu. 20:16 | trackback: -- | comment: 0edit

『脳外科医の秘かな愉しみ』 

コメントを残したことさえないのですが、定期的に更新を確認しているブログがお気に入りフォルダにいくつもあります。 その中に『脳外科医の秘かな愉しみ』というブログがあるのですが、今この記事をご覧の方の中にもご存知の方はいらっしゃるでしょうか。
私が勝手に文章を拝見していただけという、付き合いとも呼べない実に希薄な関係ではありましたが、選ぶ自転車やお読みになっている書籍など 共通する点に惹かれて長い間楽しませていただきました。

それが昨年末、久しぶりに訪問したところどうも文章がおかしいので遡って確認してみると、癌に罹っておられるという事を知りました。 それがあれよあれよという間に容態が悪化し、先月初旬に亡くなったそうです。 それを先ほど、最後の更新のコメント欄で拝見しました。

最後の記事にさえ辛いながら自転車に乗ったという既述があることからもわかる通り、投薬を受けながらも運動をやめずに生活されていたようです。 それがものの1週間程度で急変してしまうとは。
「人生最後の自転車に」と、コルナゴのチタニオを探してきてあったようですが、おそらく乗車することはできなかったのではないでしょうか。 病気により運動がかなわくなる事は、実に苦難です。


合掌礼拝回向
2014/02/05 Wed. 15:37 | trackback: -- | comment: 0edit

全力で取り組むべき1ヶ月間につき 

お久しぶりです。 何も告知せずに更新を滞らせてしまって申し訳ありませんでした^q^
遅ればせながら報告をさせてもらいたいと思います。

-- 続きを読む --
2012/09/19 Wed. 20:45 | trackback: -- | comment: 0edit

ブログ休止のお知らせ 

ブログの更新を少なくとも1年間停止するということを ここで書いておきます。
-- 続きを読む --
2011/02/16 Wed. 01:02 | trackback: -- | comment: 0edit

鳴くものなく 

Shiranuta marshみなさんに思い出の旅行地はありますか。

The last seen.

-- 続きを読む --
2010/06/06 Sun. 23:10 | trackback: -- | comment: 0edit

精神論について 

前回記事を書いたのが・・・8月28日。 またずいぶんと更新を滞らせてしまいましたが、実は伊豆旅行の後すぐに、今度は長野県の岡谷に行って8泊9日の合宿に参加してきました。
今回の記事はその合宿について書こうと思ったのですが、そうすると愚痴とも呼べないほどくだらない文句の垂れ流し(笑)になってしまいそうです。 ですから話の軸をずらして、今日どんなスポーツをする上でも口にされるようになった、「モチベーション(motivation)」というものについて述べてみたいと思います。
別府・新城選手がツール出場を果たした時に書いた記事と同じく、ただひたすら文章が続く記事ですので、おもしろくないと思った方はこの後に続くユーロバイク関連の記事をお待ち下さい。

Do you realy have a motivation?
-- 続きを読む --
2009/09/16 Wed. 22:48 | trackback: -- | comment: 0edit