10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

レプリカ路線 

002_20091018164111.jpg世界的にも“ 手作り自転車”ブームと呼べるものが確かに最近ありました。 Rene Herseという伝説ブランドが復活したり(その後一切情報を見ませんが)、日本製のピストフレームが飛ぶように売れたりと、その影響は少なくない場所で今でも見られます。
そういう風潮の中で、なぜヴィンテージパーツの復刻というか、現代の技術を応用しながら古風なデザインを踏襲したパーツが出ないのか不思議に思っていました。 間違いなく需要はあるのに。

Campagnolo, Silca, TA... vintage parts replica by Electra.


InterbikeでElectra(エレクトラ)がブースに出品していた製品に、とてもおもしろいパーツがありました。 カンパニョーロのCレコ・ハイフランジハブ・・・TAのシクロツーリスト・・・シリカのインペロなどなど、かつて一時代の名品として扱われた製品のレプリカです。

002_20091018164207.jpg 常々こういった商品は需要があるのになぜどこも作らないんだろうと思っていたのですが、正直なところエレクトラという会社が率先してやったところに腑に落ちない点はありますw 肝心の製品の方も、なまじコピー元が伝説級の物ばかりなため、かなり霞んで見えます^q^ 色々異論はあると思いますが、カンパのCレコと言えばカンパ史上最も美しいコンポーネントと言う人もいるくらい、その流れるような形にはファンの多いパーツです。 ざっくり言って、畏れ多すぎる!!
001_20091018164130.jpg特にバカ売れするようなものでもないのだから、多少コストがかかってもクオリティを追求すべきだと思うのですが。
でも、このジャンルに挑戦してくれただけでも、私はエレクトラに好感を持ちたいと思います^ω^ どこかがディレイラーでも作ってくれたら最高なんですが!

ちなみにハブのボディはシマノ(スラム)用でカンパ用はないそうです^q^
スポンサーサイト
2009/10/18 Sun. 16:45 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret