07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

エルゴレバーの拡大不具合 

DSC00191.jpg 現在使用中のCampagnolo Centarur Ergopower 2009、なぜか左のブレーキレバーだけが引いた後もとに戻らずそのまま引きっぱなしになる不具合が出てしまいました。
しょうがないのでお店へ持ち込んで診てもらったところ、隣で作業をしていたスーパーレコードを使用中という店員さんが同じ症状になった経験があり、原因を教えてくれました。

Ergopower brake lever was spread.


更新が長いこと滞ってしまいましたが、実は用事があって山梨へ行っていました^ω^ 旅行というわけでもないんですが、それに近い形で父親につき合って4泊5日で山梨へ・・・その後自分のことで手一杯になってしまい更新する暇がありませんでした・・・。

結論から言うと、今回はケンタウルのブレーキレバーを交換しました。本来なら保証が受けられる内容でしたが、私はほとんどのパーツをインターネットの通販で購入していて、このエルゴパワーは運悪く通販ではなくヤフオクで落札した物だったため、お金を払ってスペアパーツを購入しましたw
安く手に入るかわりに保証が受けられないのは仕方がないことですね。今回この1本のカーボンレバーを購入するのに1万3千円ほど使いましたが、実際にはそれでも正規で買うより安いと思います。ちゃんとお店から買って万全の保証を受けるか、自分で輸入して維持にも自分で責任を持つか・・・いいとこ取りはできないですからどっちにするかはちゃんと考えないと不幸にもなりますよ。

→付き     DSC00193.jpg

まずどうしてレバーが引いたっきり戻らなくなったかと言うと、レバー本体が何らかの原因で外側に少しずつ変形してブラケットの内壁に引っかかってしまったのが原因でした。左の写真で青い矢印が示す場所に1~2mmの隙間があいてるのが分かるでしょうか。何も負荷がかかっていない状態でこれだけ開いているので、ブレーキをかけてワイヤーを引っ張るとさらに外側へ拡がると想像できます。
教えてくださった店員さんはスーパーレコ
ードを使っていて同じ症状になったというので、グレードが低いから不具合が出やすいということではありません。そもそもカタログを見れば一発ですが、2009年モデルエルゴパワーのカーボンブレーキレバーは全てグレード名のプリントが違うだけでモノは同じです。ケンタウルもレコードも違いはありません。唯一スーパーレコードだけは違いますが、それも同じ症状が出てしまったということは結局根本的な作り方の問題ということでしょう。
買ってきた新しいレバーの問題部分を見てみると、確かにピッタリです。むしろタイコがはまる留め具部分の動きは少し渋いくらいです。

DSC00197.jpg 組み付けていく作業は単純です。まずはブレーキワイヤーをキャリパーから外し(私は左前で使っているのでフロントのブレーキキャリパーを外します)、エルゴパワー分解で使う平行ポンチを叩いて使えなくなったブレーキレバーを取り外します。
新しいレバーにワイヤーを通してケーブル経由でキャリパーに流しつつブラケットの穴に合わせてピンを叩き入れれば問題なく収まります。
私はタイコの留め具が渋すぎるかなと思ったのでごく少量のオイルと、ブレーキを引いた際にブラケットとレバーが接する場所にグリスを塗布しておきました。こちらも後から注油することを考えるとオイルで良かったんですが、なんとなくグリスにしてみましたw

作業が終わってみると、引く度に手動で戻していた左のブレーキレバーがきっちり動くようになっています>ω<b ちゃんと注油もしたので動作にロスがなく、右のレバーも注油してやらないと左とタッチが変わるほど気持ちのいい使用感でした。
スポンサーサイト
2009/08/20 Thu. 19:30 | trackback: -- | comment: 2edit

コメント

これで

1万3千円の出費は痛いですね

私も最近 お散歩自転車と称し カーボンフレームに乗ってから あの軽さと快適さの虜になっています
ZENSHOJIさんじゃないですが カーボンフレームのカタログばかり見ています

もうガチで走る訳じゃ無いので 軽いフレーム、自転車は魅力ですね
仕事が忙しく懐に余裕が有れば 間違い無く衝動買いしてるね(笑)

Kino #YVWDSDMY | URL | 2009/08/20 23:02 * edit *

>>キノさん

必要な場所にだけ質量を増やせるっていうのは、スチールフレームでは逆立ちしてもできない芸当ですよね。
だから剛性があっても軽いフレームが作れます。
ヘッド周りやBB周りに質量を集中させるのが最近のフレームのメインストリームですが、今のケルビムもBBが揺れるので、本当はいけないんでしょうけどガシガシ踏み込む乗り方をする私はカーボンフレームの方が性に合っているかもしれません。
乗ってみないことには分かりませんけどねw

ZENSHOJI.inc #- | URL | 2009/08/21 12:24 * edit *

コメントの投稿
Secret