07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

G5などのその後 

043.jpg連日ステージをこなしていくツールドフランス。アスタナの手の平の上とはいえ、AG2R La Mondial(アージェドゥーゼル・ラ・モンディアル)がイエロージャージをキープするとは思ってもいませんでした。BH・G5の露出が増えて私個人としてはとてもおもしろいですw
そんなG5についてもうちょっと書きたいと思ったことや、Cannondale Hollowgram SLクランクの価格情報などが分かったのでそのあたりのことを少し。

G5's front fork is made by EDGE Composites , carbon specialists.


ネットを徘徊していて昔のツールの映像を見たんですが、本当にBHの自転車で走っている人がいました。今まで全く聞いたことがなかったメーカーなので、戦前からあるメーカーと言われても眉唾物でした。
余談ですが、先日のツール超級山岳で熱狂的な応援が目に付いたバスク地方がBHの本拠地でもあります。あれだけ山に囲まれた場所で生まれる自転車が軽さを追求したとしても不思議はありませんね。

ここからが本題です。
最近、フレームメーカーがフォークだけ他の会社に別注することが増えてきたように思います。BHもG5からフロントフォークをアメリカのEDGE Composites(エッジ・コンポジッツ)社に特別仕様で別注して、前後共にフルカーボンエンドにしました。エッジはカーボンのスペシャリストとしてここ最近評価が高く、切断も接着も使わず、上はステアリングコラムから下はドロップアウトエンドの先っちょまで、フォーク全体を完全に1つなぎのカーボン繊維で形成する高度な技術を持っています。だから軽量かつ高剛性なフォークを作ることができるようです。
リンクからウェブの方を見てもらえば分かりますが、エッジ社はRoad Fork 1.0と2.0という2種類のフォークを製造・販売しています。1.0の方が軽量で295g、2.0は350gという重量。1.0はかなりの軽さですが、2.0の方は軽いと言えば軽いものの心臓飛び出るほど軽いというわけではないと思います。実際に主力で力を入れて売っているのは2.0の方ですしね。
072_20090715162109.jpg G5のフォークが特別仕様なのは、上下で径の違うベアリングを使っているからです。これも最近の流行ですね。G5の場合、上が1 1/8"、下が1 1/2"となっています。当然エッジはそんな物を常日頃から作っているわけではないので特別仕様での発注となります。左の写真がまさにそれなんですが(ふくらみが本当にきれい)、当然エッジの「Not cuting, bonding, co-molded」な製法で作られています。

他にもG5のスペック的なことを書こうかと思ったんですが・・・なんだかフォークのことで満足した気がするのでやめときますw
代わりに、G5の画像を集めているときに気づいたことを1つ。とりあえずこの下にたくさん画像を貼りますから、まずはどこか変なところがないか見てもらえますか。

065_20090715163426.jpg    081.jpg
083.jpg    068_20090715163427.jpg

・・・分かりましたか?

実はアージェドゥーゼルの全選手が、2008以前のCampagnolo Record Ergopowerを使っているんですよ。エルゴパワーだけでなくリアメカもそうです。なぜ 2009のカンパ製品を使わないんでしょう?使えない理由でもあるんでしょうか。
数人の選手が好みの問題で前のモデルを使っているというならまだ分からなくもないんですが、アージェドゥーゼルは1人の例外もなく全ての人が2008レコードエルゴパワーとRD。イエロージャージを着て走っているわけで、「おたくんとこじゃ宣伝になんぞならんよ」とコンポーネントメーカーからそっぽ向かれてしまったと考えるのもまた非現実的ですよね。まさか前モデルと見せかけて実は電動か!?(´゚д゚`)などといぶかってみましたが、的はずれもいいとこですね。
監督かメカニックが強烈な保守派だったりするんでしょうか。


最後にキャノンデールのホログラムSLクランクですが、本体が128000円だそうです。キャノンデール純正のBB30用セラミックベアリングセットが18000円。うーん・・・ちょっと高すぎです('A`)
スポンサーサイト
2009/07/15 Wed. 16:51 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret