05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

木下製作所謹製 

001_20090708221356.jpgしばらく前。お世話になっているキノさんから小包が1つ届きました。ちょうど私がAceCo社のK-edgeを記事にしたときでした。

この日キノさんの家から全てのバターナイフが消えたという・・・。

The original chain catcher.


002_20090708221414.jpg もうけっこう前に頂いていたんですが、装着する機会がなく今まで記事にできませんでした。
詳しくはキノさんのブログをご覧ください。

このバターナイフを加工するというアイディアは本当によく思いついたなぁと思いますw 他にこんな形をした物を身の回りで思いつきませんからね。
欲を言えばチェーンがこすれる棒部分が90度逆の向きに付いていれば、空力的にも何ら問題がない最高のチェーンキャッチャーになっていたと思います。

ということで、実はキノさんが送ってくれた物にヤスリを当てて、ちょっとだけ細くしました。
どんなに変わる物でもないと思いますが、曲がる物ならそのままペンチで曲げてしまいたかったのですが・・・金属加工の技術や知識はありませんし、自分としても削っているうちに「コレで十分だ・・・」と妥協満足してしまいした。

004_20090708221923.jpg 楕円形チェーンリングはチェーン脱落の確率が普通の物に比べて高いので、チェーンキャッチャーはかなり有効だと思います。たかだか数グラムを増えるだけでリスクを軽減して安全安心に走行できるのですから、実に安いです。
・・・いや、今回はキノさんから頂いてしまったので、本当にタダですw

003_20090708221611.jpgK-edgeが製品として初めてこの形を採用はしましたが、この形式のチェーンキャッチャーその物はプロチームを含め色々なチームの駆る自転車に付いていました。多分今だって付いていると思います。
特にTTフレームには多く付いていて、どれも自作の物ばかりです。きっとグーグル先生で検索すれば簡単にそういう車体を見ることができると思いますよ。
人と違う愛着のある自転車に仕上げたい場合、こういう小物が自作できるととてもいい自転車が仕上がると思います。改めてキノさんに感謝です^ω^
スポンサーサイト
2009/07/08 Wed. 22:22 | trackback: -- | comment: 2edit

コメント

木下鉄工所

いやいや 少しこそばい記事です(笑)
私もこれを作ろうとしたのは ZENSHOJIさんの記事を見てからで
実際どの様な物が良いのか分からない処からのスタートでした

仰る様に空気抵抗を考えた形に造形するなら 金属の無垢材からの削り出しでしょうか 
でもそこまでは私も出来ないですね

今回の物を捻っても形が綺麗じゃないしね・・

これは私も自分の自転車に付けましたが
効果は有る様です チェーンが全く落ちなくなりました
たまにチーン なんて小気味良い音がします 
その時にチェーンキャッチャーにチェーンが当っているのでしょうね

Kino #YVWDSDMY | URL | 2009/07/09 08:06 * edit *

>>キノさん

今度から色々な自転車に付いているオリジナルチェーンキャッチャーを見つけたら画像を保存しておいて、数がたまったら記事にしてみてもおもしろいかもしれませんね。
K-edgeほどぺらっぺらにしている物は自作ではまず見たことがありませんが、プレーンスポークのような丸棒で作っているものが多いです。

ZENSHOJI.inc #- | URL | 2009/07/09 14:12 * edit *

コメントの投稿
Secret