FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

現在における小径車の多段化手法について 

cat
サムネになるような画像がないと、
特に意味なくうちの猫の写真が載ります()
トレンクルの方向性は 2 通り考えています。 シングルと多段です。 「んなもん当たり前じゃねーか!!」と言われそうですが、状況に合わせてこれらを交換できるように・どちらか一方を捨ててしまわないように、両方の部品を揃えるつもりです。



さしあたって、多段化のパーツを揃えようと考えていますが、今現在選択し得る 小径車の外装多段化に最適と思われるコンポーネント はなんでしょうか。



XD is next one for folding bike.


【カプレオ引っぱりすぎ問題】



小径車のための多段用コンポーネントには、シマノの カプレオ が長年選ばれてきました。 その特徴は カセットの最小歯数 にあります。 ペダル 1 回転で 700C の自転車と同じだけ小径車が進むためには、より高いギア比が必要ですが、安易にフロントチェーンリングを大きくするのは 不格好だし重いと感じる人もいます。 そこでリアスプロケットを、10T ないし 9T まで小さくすると、そこそこのフロントチェーンリングでギア比が確保できます。 これが、トップ 9T のカプレオ・コンポが重宝され続けてきた理由です。



でもカプレオって、未だにリア 9 段のままなんです。 それでも使われ続けている。 対抗できる 他の選択肢がない からです。 今や 12 速が出てきたロードバイク用のコンポーネントとの間には、時間的に 5 年以上の隔絶があります。



【・・・これって小径車にも使えるんじゃね?】



そこでにわかに注目されたのが、Sram XD Driver  です。 この規格に準拠すれば、カプレオと同じく最小 9T のカセットスプロケットを作ることができます。 XD 規格は小径車のために考案されたものではなく、オフロード系自転車のコンポーネントとして提案されました。



(´゚д゚`) { 自分らの乗り方だとフロントシングルでよくね!? 〕
(´゚д゚`) { フロント変速あるとトラブル多いし! 〕
→ 1X という思想が生まれる
→フロントシングルでリア多段(しかも超ワイドレシオ)
→結果的に 11-48 T とかいう 富士山 みたいなスプロケットが誕生する



(´゚д゚`) { ローギアでかすぎだろ! 〕
(´゚д゚`) { これ以上はさすがにムリがある 〕
(´゚д゚`) { じゃあトップ小さくしようや 〕
→かくしてトップ 11 T 未満のスプロケット & リアハブ規格である XD が誕生
→全く関係ない事情からカプレオと同じコンセプトが生まれる結果に



だいたいこういう事情と経緯で XD Driver は生まれました。 開発の動機は違っても、やっていることはカプレオの生き写しであり、それが世界規模で、小径車よりも大きいであろうひとつの安定した需要を伴って規格化された・・・しかも当然、現在のコンポで!



【そしてついに出た】



しかしながら、話がうまく進んだのはここまででした。 XD ドライバーは、確かにトップ  9T のスプロケットを取り付けることができる設計ではありましたが、実際に販売されたスプロケットはことごとくトップ 10 T ばかり。  9T から始まるカセットを販売したのは e*thirteen という会社だけでした。 しかも、歯数ラインナップは 9-44T と 9-46T だけ。 ロー 44T なんてトレンクルに必要ないよ!!



・・・でも、今年の Euro Bike でその流れが変わりました。



fc2blog_201709041259590fd.jpgfc2blog_2017090412595717a.jpg
fc2blog_20170904130000844.jpg

(出典:http://bit.ly/2wA0TVV



3T Strada が発表した 2 種類のカセットスプロケット・Overdrive と Bailout です。 特に注目すべきは後者の Bailout 。 歯数が 9-10-11-12-13-15-17-19-22-26-32 T になっており、現時点で最高の小径車多段化用カセットと考えられます。 欲を言えば 9-28 T くらいにしてもらいたかった気はします・・・が! これまでほぼ焼け野原だった分野にこれだけの物が芽生えたのですから、諸手を挙げて喜ぶべきだと私は思います。



加えて申せば、私はこの流れで 9-28 や 29 T もきっと出る と確信しています。 ここまでの流れがあって出ないはずがない! でも、当面は Bailout を使ってトレンクルの多段化仕様を楽しみたいと思います。

スポンサーサイト
2017/09/24 Sun. 09:21 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret