05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

いっそ深穴シムで代替したい 

patted inside diameter



トレンクルのシートチューブ・・・ その上端です。 見えるでしょうか。 “割り”の入っている部分が二重になっています。 純正ピラーに打刻された数字は Φ28.8mm ですから、シートチューブの内径も、もちろんそれに対応しているはずです。



素人計測ではありますが、この車体のシートチューブ外径は Φ34.2~6mm。 パイプの肉厚が 1.4mm でしたので、内径は Φ31.4~8mm ということになります。 これだけ内径がガバガバなのに Φ28.8mm のピラーが使えるのは、写真にあるように、部分的に内張りして内径をかさ増している からです。 シートチューブの全ての区間でピラーと接触するようでは、折りたたむ際の抵抗が大きすぎます。 そのため、ピラーに対応する内径はシートチューブの上端のみとし、その他大部分はピラーと接触しない大きめのパイプにしておくのが、折り畳み自転車の一般的な設計となっているのでしょう。 問題はその長さです。



正確な計測はできませんでしたが、内張りが“割り”の部分までに終わっているのは目視で確認できます。 スリットの長さは 40mm。 つまり、このトレンクルにピラーを挿して、サドルをどんな高さや低さにしても、ピラーを 4 センチしか挿していない状態で乗っているのと同じ負担になるということです。 折りたたみ自転車のピラー飛び出し量は、一般的な自転車のそれとは比較にならないほど長い。 突き出し  400mm 以上になる折りたたみ自転車において、有効接触範囲がたったの 40mm とは・・・。



ピラーの固定が甘くなるのは、トレンクルの不具合としてまま起こる問題だと聞きます。 その場合は空き缶を切ってシム調整するのが定番です(これはロードレーサーでも一般的)。 しかし、そもそも設計としてあまりに攻めすぎている感は否めません。 せめて前方だけでも 80mm 以上接触するように設計した方がよかったのではないでしょうか。

スポンサーサイト
2017/09/17 Sun. 20:14 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。