07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

「音量」だけでなく「音質」も重要なのでは 

Makita MUB362 blower

以前このような記事を投稿しましたが、実は、その後エンジンブロワーの調子が上がらず、現在は電動式の MUB362 を買い直して使っています。 4サイクルエンジンブロワーである EUB4250 は、4回以上のサービス工場送り、1回の新品交換、2回の部品交換を経ても不調を収められず、私の使用方法ではすぐに故障してしまうことがわかりました。

端的に言えば、エンジンブロワーは全開・フルスロットルで使用することを前提に設計されているので、それ以下で使用すると、少なくとも マキタ EUB4250 は故障してしまいます。 なぜそのような事態になるかというと、ガソリンを燃焼させた際に生じる“煤”をうまく排出できないためです。 強い送風を行っていれば、エンジン内部に煤が溜まることはなく、スパークプラグも適正な状態に保たれるそうです。 私はというと、アイドリングか、それよりほんの少しトリガーを引いただけの送風で充分掃除ができるので、エンジンの自浄作用が働かない領域ばかりで運転していました。

加えて申せば、自浄作用を利かせるためだけに、3~5分程度のフルスロットルでの空ぶかしをすれば、煤によって完全にエンジンが沈黙する前に正常な状態に戻すことができることもわかりましたが、不調の兆候が顕れるまでにかかる時間は、掃除3日分しか余裕がないこともまた判明しました。 これほどの頻度で、実際の掃除とはなんら関係ない無意味な空ぶかしを必要とするのは、私にとってはあまりに難儀です。

MUB362 は、私の持っているバッテリーと組み合わせれば、最も弱い送風レベル「1」で、1時間20分以上運転することができます。 実際、庭のほとんどの領域は「1」の風で充分です。 摩擦の大きいアスファルトの上とか、なかなか取れない葉っぱがある場合は「2」にすることがある ・・・という程度です。 「最大送風レベルの『6』で使うと10分しか運転できない」という情報があまりに衝撃的で、あまり積極的に買うつもりになれなかったのは、少なくとも私にとっては杞憂でした。 私は、既に他の工具等で MUB362 と共用のバッテリーを持っていたので、購入は本体のみ 実売2万8000円程度の出費でした。

使ってみて、エンジン式より便利だなと思った点があります。 風の強弱や、停止・送風の操作がとても便利で行いやすいのです。 エンジン式では絶対にできないような微風運転が可能なので、最後に落ち葉を吹き寄せる際などとても便利です。 逆によくないと思った点は、音がまさに掃除機そのものだということです。 これは私の主観的な感覚かもしれませんが、掃除機というのは「家庭の中で使われる物」というイメージがありませんか? エンジンブロワーの音だって、近所迷惑には違いありませんが、屋外でエンジン音がするということ自体は ほとんどの日本人にとってごく普通のことです。 でも、外で掃除機を使っている人なんていません。 「家庭の中の音」が自分の家のすぐ外から聞こえてきたら、なにか他人の生活が迫ってきたような感じを受ける人も少なくないような気がします。 むろん、これは私の考えた限りのことなので、「掃除機の音は慣れてるから、むしろ親しみやすい」と思う人もあるかもしれませんが。

懸念することといえば、バッテリーの費用くらいでしょう。 どれくらいでバッテリーが寿命になるのかわからないため、エンジン式との燃費差は未知数です。 あとはノズルの種類をエンジンブロワーと同じだけ用意してくれれば言うことはありません。 現状は、扇形も先細り丸形もなく、写真に写っている太い丸筒だけなのが残念です。

スポンサーサイト
2017/07/30 Sun. 10:01 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret