05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

スプレーイングシステムスジャパンの噴霧ノズル種類について 

DSC00806数年前から苔の育成に挑戦しているのですが、今年はその秘密兵器として、庭を湿潤に保つための噴霧装置を導入しました。 既にテストを始めて2週間ほど経過しましたが、その効果はめざましく、たいへん満足しています。
ところで、噴霧装置の核となる噴霧ノズルという物は、たいへん微細な加工が必要とされる精密部品でもあります。 私が現在使用している物は、全てスプレーイングシステムスジャパン合同会社から購入した物で、先日、営業さんがわざわざ訪問してくれました。 その際、カタログ上の表記などを確認できたので、書き留めておきます。

22.jpg
同じページ中で、紹介順序が左右違うのは 最高にわかりにくい

私が使用しているノズルは、「一流体微細スプレーノズル」に分類されます(カタログPDF)。 この内には、①樹脂製で安価だが、ユニット化されているため分解不可能なモデル と、②金属製で高価だが耐久性に優れ、全分解可能なモデル の2種が存在します。 樹脂製・ステン製 それぞれの系統に、霧の噴出する角度が2種 それに水量多寡で3種 合計10種類くらいのノズルが存在します。

32.jpg

霧の噴出する角度は、2種類です。 概ね110度の物と、80度の物があります。 前者が「SF」 後者は「SM」表記になります。 噴出する水の量は、多・並・少の3種類があります。 それぞれ SE3>SE2>SE1 の順で1/3ずつ水量が増えます。
角度水量 3種×2種で、普通ならこれだけで6種類になるはずですが、「SM(狭角噴射)」には「SE1(最も少量)」の商品はありません。 よって、実際には5種類となります。 さらに加えると、金属製ノズルでは「SF(広角噴射)」にも「SE1(最も少量)」が存在しないため、こちらは4種類になります。 よって、スプレーイングシステムスジャパンが販売する一流体微細スプレーノズルは、全部で9種類ということになります。
スポンサーサイト
2017/06/11 Sun. 12:49 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret