05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

ガセットが交換できるなら 

7d6c277d3707caaa4e5c563f68604114.jpg

アイスホッケーのグローブの手革交換をしたことがありますか? 最近は、破けたら修理ではなく新品に買い換える人が圧倒的多数です。 手革交換にはなんだかんだで1万円弱の費用がかかりますので、それなら新品を買った方がお得感があるという意見には、残念ながら一定の共感をしてしまいますが、それ以上に、修理をしてまで使い続けたいというグラブが現在の市場には見当たらないというのも、悲しいですが大きな理由になっている気がします。
私がこれまでに修理を諦め、廃棄を決めたたグラブはいくつもありました。 決断の理由は、gusset(ガセット)と呼ばれる指袋の側面の革が破けることです。 いつも修理をお願いしているショップでは、ここが破けるともう修理できないと説明を受けました。 その言葉を、「(作業困難で)修理できない」と勝手に勘違いしていたのですが、正しくは「(手革と違ってメーカーからガセットの交換革が販売されていないから)修理できない」だったのです。 材料がないというだけ!なんてこった!
この勘違いに気づいたのは、海外のグラブリペア事例を検索している時に、トップの写真を見つけたからです。 ガセット張り替えてるじゃん!(´゚д゚`) こうした海外の業者は、自分で革を購入してきてガセットの形に裁断して使っています。 革さえあれば修理自体は可能なのです。 そして、手革(palm:パーム)とガセット以外には、アイスホッケーのグラブで壊れる部分はありません。 手革に加えてガセットをも交換できるとわかった今、同じグラブを20年・・・あるいは死ぬまで使い続けることも不可能ではありませんね。

スポンサーサイト
2017/05/21 Sun. 11:25 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret