10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

4サイクルエンジンはマキタだけ(たぶん 

Makita EUB4250 engine blower

マキタのエンジン式ブロワー・EUB4250を購入しました。 庭掃除に使う予定です。 既に一台、コード式の電動ブロワーがあるのですが、機動力は低いし、風量・風圧も貧弱だし、やはりブロワーはエンジン式に限ります。
マキタ EUB4250は、数あるブロワーの中でも、私の知る限り唯一4サイクルエンジンを搭載しています。 他の物は2サイクルエンジンです。 このあたりの説明はくどいので省きますが、前者はガソリン燃料がそのまま使用可能で、後者は、ガソリンにあらかじめオイルを添加する“混合燃料”で働きます。 私は、混合燃料を使用することついてネガティブな印象しかないので、ぜひ4サイクルエンジンのブロワーにしようと決めました。
ブロワーを導入する主目的は、竹箒と庭、双方のダメージを減らすことにあります。 あまり認知されていませんが、竹箒というものは、“毛先”がなくなってしまうと著しく能力が失われます。 見た目に変わりがなくても、柔らかい毛先がなくなってしまえば葉っぱをかきだす能力がなくなってしまうのです。 石やアスファルトの地面を掃除すると消耗は特に顕著で、竹箒をヤスリで削っているようなものですから、太くて硬い“芯”しか残りません。 そのような竹箒を土の地面で使用すると、引っかき傷を作ったり、苔を傷めたりします。 掃除は毎日行いますが、行うほどに苔にダメージを与えるとは、本末転倒です。
ブロワーには、このような問題の軽減を期待するものです。 アスファルトや砂利が敷いてある駐車場をブロワーで掃除できれば、竹箒は土の上だけで使うように運用できます。 苔も潤い、剪定などに時間を回すことができるでしょう。 期待しています。

スポンサーサイト
2017/04/30 Sun. 23:55 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret