03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

長崎旅行 その1 

Ice time on Sports Garden Kurume十数年前に知り合った古い知人をつたって、九州の長崎まで旅行してアイスタイムを楽しんできました。

Road to Nagasaki.


私は旅行というものをほとんどしないのですが、自分の身の回りや今後のことを考えると、「旅行するなら今しかない」と感じています。 あと10年も経てば、海外はおろか、自分の意欲にかかわらず国内旅行さえできなくなるだろうという予感があります。 とはいえ、元からそれほど旅行に対する意欲があるわけではない私です。 「そもそもどうしたら出かける気になるのか?」と考えました。 そこで思いついたのが、日本全国のスケートリンクがある都道府県へ出かけていって、観光しつつ、現地でアイスホッケーをしてくるという企画です。 その最初が、今回の長崎旅行というわけです。

なぜ長崎だったのかというと、20年来の古い知人がいたからです。 1つ残念だったのは、8年ほど前に最後のスケート場が閉鎖されて以来、長崎県にはアイスホッケーのできる施設がなくなってしまったことです。 つまり今回の旅行では、長崎に行って長崎観光はしたのだけれど、アイスホッケーは近隣の他県へ移動してせざるを得なかった。 思いがけず、長崎や、ひいては九州という土地でアイスホッケーをする難しさを憂わずにはいられない旅となりました。

Near of Saga airport
見渡す限り何もない佐賀空港周辺
これがSA☆GA!
現地へは飛行機で移動しました。 羽田空港から2時間弱のフライト。 長崎空港へ着くはずだったのですが、実は手違いで佐賀空港着の便を予約してしまいました・・・。 変更の手数料が高かったので、佐賀空港でレンタカーを予約して、高速道路を使って長崎入りすることに。

初日の夜は、もちろん知人と食事。 料亭っぽい食事処や、2軒目には、どこから入ったらいいのかわからないオシャレなバーに連れて行ってもらいました。 このあたりには、人が通ることだけを想定して道路整備が進められていた頃の古い路地裏が未だたくさん残っています。 東京で言うと神楽坂のような。 消防法などの問題もあって難しいですが、この距離感・道幅を今後も保存してもらいたいです。


翌日は自転車に乗って市内を散策。 自転車とアイスホッケーの防具は、あらかじめ宅急便でホテルに送ってありました。 以下写真をどうぞ。

CyclingTram rail way
車に荷物を載せてコインパーキングへちんちん電車の路線は自転車には危険
Cycle Rodge TaniguchiCats
レーパン忘れて立ち寄った自転車店境内で出会ったとびきりかわいい猫
CatsKarasumi
兄弟かな?ワイルドに、換気扇でカラスミ干してました
CyclingCycling
出島(今はもう地続きですがスケート場があったという施設かな?
Cycling
こんな高台にすぐ登ることができます。 強制的に登坂力が身につく街ですね

他にも、文明堂総本店でおみやげのカステラを購入したり、寺町を散策したりしました。 評判に違わず坂の多い街で、立ち寄った自転車店でも新規顧客の開拓は難しい と正直に仰っていました。 そんな土地でも楽しく自転車で過ごすことができたのは、Simmonsがあったからだと思います。 この靴は本当に素晴らしい。 自分の力をしっかりペダルに伝えることができるので、坂や丘も苦に感じません。




こうして、市内の観光は16時くらいに切り上げて、車で2日目の宿をとっている久留米へ向かいました。 ちなみに、車はコインパーキングに半日駐めてありましたが、料金は900円でした。 観光地といえど東京や大阪に比べるとまったく安心の安さですね。

さて、本来はこの記事1本で書ききってしまおうと思ったのですが、故あって2本に分けることにしました。 というか、なってしまったという感じですね・・・。 私は一介の旅行者であって、例えばあまり愛想の良くない飲み屋に入ってしまったとか、凄まじく交通が不便な宿にあたってしまったとか、それだって旅の“味”だと言って楽しめばよいのです。 しかし、それでは済ませられないことに遭ってしまったので、しっかり書きたいと思います。

スポンサーサイト
2017/02/12 Sun. 18:44 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret