05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

規格変更成って万障失せる 

今年最後の更新になるでしょうか。
お店に預けていたアマンダが、PF30→T47のコンバート作業を終えて戻ってまいりました。


Enduro T47 BB

このアマンダは、製作当初からBBの具合が悪く、早々に新しいフレームを作りたいとさえ思っていたものです。 “悪い”というのも当然で、アマンダの千葉さんは、PF30の内径に合うフェーシング用刃物を持っていないのに私の注文を引き受けてしまったのです。
いくらプレスフィットとはいえ、火入れで歪んだBBシェルには挿入することすら困難です。 私はお世話になっているお店に持ち込んでフェーシング作業をしてもらいましたが、当時は内径46mmの純正刃物がなくて、結果としてうまく削れませんでした。
それ以来、このアマンダのBBはセラミック球の物でないと渋すぎて回らないという程度の、私の主観からするとかなり嫌悪感のある状態のまま放置せざるを得ませんでした。

今回の作業は、第一義には、より互換性と展望のあるBB規格へ変更するのが目的でしたが、裏に隠れた下らない理由としては、BBにリーミング・フェーシング・タッピングの作業を施すことで副次的にBBがマトモな状態になるのではないかという期待がありました。 そして見事成就したと言えます。

左に比べて右に若干の渋みが感じられるのはやや気になりますが、許容できる範囲です。
このBBに使われているのは普通鋼球(非セラミック)ですが、きちんと円滑に働いています。 軸を挿してみたところ、若干渋いのではないかと感じたのですが、「最近のBBはだいたいこんなもんか」というのを思い出しました。 実際、クランクを付けてみるとスルスル回りますし、問題ありません。


いやぁ、これで気持ちよく年を越せますし、なんなら年明けからもっと気持ちよくこの自転車に乗ることができるというものです。 作業をしてくださった店員さんにも感謝。 T47を形にした発起人たちにも感謝。
スポンサーサイト
2016/12/25 Sun. 19:38 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret