07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

安定するまでは鞍替え 

Warrior Covert QRL

4回目のカスタムスティックの注文に向けて、再び準備を始めました。

ご存知の方もおられるとは思いますが、Easton が昨年 会社ごと買収されました。 そして、その買収を行ったBauer が債務不履行に陥って倒産の危機にあります。 「“こう”なったら正式に倒産だよ」という線引きがどこにあるのか、私にはわかりませんが、少なくともこの2社が安心して商品を受注生産できる状態にないことは明らかです。 私自身にとって、性能だけで考えれば未だにEaston が最良の選択ではありますが、実際に物を買う以上、供給能力が不信な会社に期待するほど純真無垢でもないのです。

そこで、次回の注文で利用するつもりなのがWarrior です。 ですが正直なところ、私にとってWarrior 製のスティックのイメージは最悪に近い。 これは、私がまだ高校生の頃、一度だけ買ったWarrior の2ピースシャフトの印象に因るところです。 しかし、それも10年以上の時が流れ、現在のワンピース・スティックではずいぶんよい物を作るようになりました。 もう「使えない」という範疇はとっくに脱出しているようです。 それ以前に、注文した物が届かないなんて論外なんですよ。 性能とは別の意味で、Easton は同じ土俵にすら立てていない。

そして、金型を製作する最初の1回は、Warrior でも同じく12本注文する必要がありますが、それ以降の注文では3本から購入できるのもWarrior の優れたところだと思います。 これは、例えばWarrior 以外の候補として私が検討したBase でも、特殊仕様は6本からとの回答でした。 少数ロットで注文できることは、私にとってとても喜ばしいことです。

写真は、現在試験的に使用中のCovert QRL です。 シュートを打ってみた感じも悪くないと思います。 市販品なので、当然、私の普段使っている曲がりとはちょっと違うのですが、それを差し引いてなかなか使えるスティックだと感じました。

ブレードパターンを精査して、来年1月頃に注文する予定です。 もう手直ししようとは思わない、自分が求める要素を全部盛り込んだブレードパターンをこの1回で決めきって、以後3本から注文が繰り返せるようにしたいと思います。

スポンサーサイト
2016/11/27 Sun. 00:48 | trackback: -- | comment: 2edit

コメント

こんばんは。いつも楽しく拝見させていただいております。
ついにPSGが債務不履行に陥ったという件についてですが、もしPSGがこのまま倒産した場合、その傘下にあるイーストンホッケーという会社は売却されるのでしょうか?
VHもTRUE TEMPERに買収されたことから、イーストンの先進的な技術を欲しがる会社は必ずどこかにあると考えているのですが、利益を考えるとイーストンを買収するほどの意味は果たしてあるのか疑問に思います。
個人的なご意見をお聞かせ願えますでしょうか。

unknown #DFkYDLp. | URL | 2016/12/15 00:50 * edit *

>>unknownさん

残念ながら、本文中にもあるように私はあちらの法律には詳しくないので・・・ いえ、“あちら”どころか日本の法律すらよくわかっていませんが、少なくとも、PSGがこのまますんなりと消えてなくなっていくということはないと思います。
例えば報道では、来年1月30日を予定して、PSGが競売にかけられることになりました。
既に何社かが興味を示しているという文章も添えてあります。
その後は競売で買収した会社によって負債を返済する道を歩んでいくことになるでしょう。
もっとも、この時点で「興味がある会社はどこもないようです」なんて状態だったら、それこそ身売りできず消滅してしまうわけですが、常識的に考えてBauerというブランドがそうなってしまう可能性はほぼ考えられませんので、どうにかこうにかなるだろうと思います。

問題は、その内容や程度ですね。
その次第によっては、Eastonというブランドがさらに売却されることはあり得ますが、それはもはや当事者(競売の勝者とPSG)のみぞ知る・成し得る領域で、今は誰にも確かなことは言えないと思います。
Eastonが再び独立した企業に戻るまたとないチャンスだ と期待している者も一定数いるようですが、正直それは希望的過ぎる見通しと言わざるを得ないと思います。

また、VHとTrue Temperの件については、私の主観では、あれは実質的にはほとんど「提携」くらいのニュアンスの契約であって、「買収」とは感覚的にズレがあるように思います。

ZENSHOJI.inc #- | URL | 2016/12/17 01:51 * edit *

コメントの投稿
Secret