10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

グリップエンドの複製 

高校生の頃から一貫して同じ形状のエンドグリップを差し込んで使ってきたわけですが、このようなエルゴノミックな形状の物体をフリーハンドで同一に加工するのは不可能に近いわけです。 ニンゲンの手は非常に繊細な感覚を備えており、仮に0.5mmでも充分感じ取る能力があります。 (むしろ「感じて“しまう”」と言うべきかもしれません)

かねてより、エンドグリップを全く同一に複製することができないだろうかと考えていました。
私は平生からスティックを3本持ち歩いて、それぞれ7mmずつ違う長さに切断しておき、その日の調子に合わせて選ぶようにしています。 エンドグリップの丸みが少し違うだけで不必要な感覚的要素が加えられてしまい、純粋にスティックの長さだけで道具を選ぶことができません。
会社に依頼して作ってもらうのも考えましたが、初期費用として10万円かかるということで断念しました。 この価格は決して高額ではなく、むしろ非常に安価であったことは明記しておこうと思います。 3Dスキャンしたデータを修正し、さらに切削パスを作成して、おそろしく高額な電子制御切削機で加工するのですから、20万円くらいしても不思議はありません。 しかし、エンドグリップに10万円かけるというのは、単純にもっと他に使いみちがあるだろう と思ってしまいました。


無題d

そこで閃いたのがこの方法。 これが世間一般で広く用いられている手法なのか、何か専門的な用語が命名されているのかは知らないのですが、知人は「自分の造語である」と前置きした上で、インサート注型と呼んでいました。

芯材となる部分は従来通り木を使います。 山桜やタモといった木材で充分です。
それをシリコン型の内部にセットしたら樹脂を流し込み、手で握る部分の外的形状を複製するようにします。 これで強度的にも問題がなく、安価に、必要な時に複製が可能でしょう。
樹脂には接着力がありますが、芯材には数カ所穴を設けておいて、構造的に固着するようにするつもりです。


スポンサーサイト
2016/07/24 Sun. 11:14 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret