04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

Simmonsへ足型を発送 

DSC03906   DSC03907

フロリダの製靴工房・Simmons Racingに向けて足型を発送しました。
足型はそれぞれ採り方の異なる2種類で、最終的にどちらを選ぶかは、足型の実物を見たSimmons側の意見を聞いて判断するつもりです。 靴に限ったことでなく、型取りをして制作するような何かに“味つけ”をしたい場合、どのようにそれを成すかが悩みの種です。 型取りした後で造形を施すか? それとも型取りの環境そのものを方向付けるか? 少なくとも今の私は後者を支持しています。
このような靴を作る際、どのような型取りをするかによって、作られる靴の方向性は大きく変わります。 私は今回、やや柔らかい施術台の上に型取りブースを設置し、①脚の自重のみでふわりと採った型と ②しっかりと体重をかけて足裏を強調した型 の2つを用意しました。 現在の私は後者で靴を作ってみたいという気持ちが強いですが、そのような型取りは往々にして歪んだか型取りに陥りやすい傾向にあると感じているのもまた事実で悩んでいます。
特に、かかとから土踏まずを経て拇指球までの大部分には、軟骨はあっても関節がありません。 それに対して拇指球より先には指の関節があり、床が柔らかければ柔らかいほど、指だけが取り残されてしまいます。 程度が過ぎれば指先が妙に上向いた型取りになってしまうということです。 それは私の本意ではありません。
私は完全にフラットか、むしろ指先が下を向いているくらいの靴がほしいと思っています。

他にもグラフィック等指定する仕様書のようなものを同梱し送り出しました。 日本の郵便局が扱うEMSは非常に優秀です。 関係があるのは重量だけで、指定された大きさに収まっていれば箱の大きさや些細な目的地の遠近で料金を左右しません。 フロリダまで5000円ちょっとで送ることができました。
通常は1ヶ月と少しで完成するそうですが、7月にトラック競技の世界大会があってそこへ出張するそうです。 なんやかんやで3ヶ月くらい待つのではないかな、という見通しです。

スポンサーサイト
2016/07/10 Sun. 18:43 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret