10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

重くたって有意義 

skate fender

ほしいほしいと思っていたスケートフェンダーをこないだ買いました。 まだ使ってないです。
なんで踏ん切りがつかなかったかって、そりゃあ高いからですよ。 全然安くないです。 本体価格が安くない。 そして送料がかかる。 正直私から見てもちょっと割に合わないんじゃないかって思うところ無きにしもあらずです。
でも有意義なんですよね。 実に有意義。 スラップショットに対して臆せず足を出すことができるって、新感覚と言っていい。 怪我の防止という点から見ても効果は間違いなくあります。

実際に装着するとこんな感じになります。 ぶっちゃけ見た目は悪いです。 いいわけないです。 でもなんというか、これだけで泥臭さが感じられる気がします。 感覚的には象の足みたい。
問題かなと思ったのはその重量。 片方で200g弱もあります。 スケート靴が片方600g後半~800g台、レガースが1本400~600gという時代に、これ1つで200g弱は確かに重いと言わざるを得ない・・・。 しかし、靴には完全に固定されて揺れることがないので体感的にはほとんど問題がないと思っています。

これに合わせて ・・・というわけではありませんが、レガースを買いました。 私がスティック・グラブ・靴の3つ以外を買い直すのは非常に珍しいです。 こちらは私には長い14インチをあえて購入し、自分の必要な長さへとサイズダウンしてカスタマイズしていくつもりですのでおいおい投稿します。

スポンサーサイト
2015/06/18 Thu. 22:24 | trackback: -- | comment: 4edit

コメント

アメリカやカナダでしたら200ドルくらいでかっちょいいカーボン製のカスタムプロテクターは作れるんでしょうけどねぇ。
レースに挟んでベロの装甲を厚くする商品もあるくらいですし、用具が発達するにつれて最近はこういう商品の需要が高いのかもしれませんね。

ryoichi #- | URL | 2015/06/22 16:52 * edit *

>>ryoichiさん

実際に200ドル程度で作れる所 ご存知ですか?
私が唯一知っている所は、少なくともカスタム品の場合600ドル以上はかかるようです。
そしてカスタム品だからかっこよくできているか?というと、それはかなり微妙です。
でも200ドルで作れるなら試してみたいです。

VHの靴は、それ自体が既に防御性に秀でていて私は感心しています。
スケートフェンダーを購入したのも元をたどればそこで気づくことがあったからです。
先ごろVHはモデルチェンジをして、30gほどの重量増と引き換えにさらに防御性を高めた製法を導入したとアナウンスしていましたが、まぁはたしてそれがどれほどの効果なのか私にはちょっとわかりません。
VHのブーツが、単体でスケートフェンダーと全く遜色ない防御性を備えるようになったら、ベロに取り付けるタイプのスケートフェンダーを併用するだけで充分な効果が得られそうです。
フルフェンダーよりぐっと重量を抑えられます。


用具の発達につれて というより、逆に発達してこなかったから「いい加減こういうのないとケガが防げない」という要望が形になり始めたんじゃないでしょうか。
エルボー、ショルダー、レガースなどの単純防具は、ウン十年前から基本的構造はほとんど変わっていないばかりか、革新的素材の導入などというのもありませんでしたので。
でも、スケートフェンダーに使うとなると、あまりカーボンは向かないような気がしてなりません。

ZENSHOJI.inc #- | URL | 2015/06/22 17:18 * edit *

確かに基本的な防具の発展はあまりしてませんが、新しい発想の防具が伝統を重視するプレイヤーに受け入れられなかった部分もあるんじゃないでしょうか。
最近ではそれに対して一部の人達が新しいものを求めて、サードパーティ性として製品を発表することも多くなったと思います。
イーストンのMAKOシリーズは新しい発想で斬新でしたが、また伝統的な形のものに戻した上にバウアーは逆に古いタイプの防具を発売しましたし...
ホッケーソックスにプロテクターを組み込んだり、スケートソックスにケブラーとかいろいろ出てきてるし、筆者さんの言うように、最近変わり始めてきたのかもしれませんね。

スケートフェンダーについてはだいぶ前に見つけたのですが、こちら(すでに知っているものだったらごめんなさい...)
http://www.shotblockers.com/
側面を覆うもの、全体を覆うもの、ベロだけを覆うもの、で値段も違うようですが
筆者さんの側面のみのプロテクターのようなものなら149ドルからと書いてあります。
素材はカーボンではなくグラファイトコンポジットらしく、私の勘違いでした。
それでも筆者さんの言ってるような600ドルは行かないと思います。頼んでないので確かではないですが...
いろいろ見てると色は透明か黒、セット割引などもあります。
なんだか宣伝してるみたいですねwww

ryoichi #- | URL | 2015/06/22 23:00 * edit *

>>ryoichiさん

私も最初に見たスケートフェンダーはShot Blockersだったと記憶しています。
しかしカスタム品を提供していたとは知りませんでした ありがとうございます。

素材については、こうした物にカーボンはあまり向かないように思います。
その他の樹脂の方がよほど要求にかなった物を用意できます。
私が言っている「600ドルからのカスタムスケートフェンダー」というのはカーボン製なのですが、正直耐久性については疑問です。
割れるということはありませんがすぐに亀裂が入ったりするか、そうでなければけっこう分厚くしないといけなくてどの道その他の樹脂の方がいいという結論になりそうです。


そして先ほどスケートフェンダーをアイスタイムで使ってみました。
感想は簡単に記事にしますので

ZENSHOJI.inc #- | URL | 2015/06/23 02:38 * edit *

コメントの投稿
Secret