09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

Rotor Agilis Evo 前準備編 

CIMG1137.jpg 前回紹介したRotor Agilis EvoとQ-Ringsを組み付ける作業に入りました。 選んだBBはトーケンのTK877EX。 しかし、同じRotorのSABBにしておけば良かったと既に後悔しています^q^

Fill up new BB with certainly amount of grease before assemble it.



クランクセットはCampagnolo Centaur、BBはRecordで、ペダルはShimano PD-7810が付いています。 現状、カンパのBBはレコードグレードだけで統一されています。


CIMG1144.jpg

回転の軽さでTokenのBBを選びましたが、中に入っているグリスが“軽い”のと、もともと量が少ないのがその理由だと思います。 個体差はあるにせよ、グリスの量が少なすぎて雨の中数回走行しただけ流れてしまったという話を聞きました(雨の中走ったら普通にメンテするのがセオリーですが)。 よって、組付け前に中の様子を確認します。


CIMG1152.jpgCIMG1157.jpg
あまり少ないとも思いませんが・・・
少し多めに足しておきましょう

確かに少な・・・いですか?w あまりそうは感じませんでしたが、問題はなかろう・・・ということで、念のためにグリスを補充しておきました。

旧来の物と違い、最近のBBは使い捨てを前提に作られている節があるので、シールドベアリングを打ち出してしまったら、使えないこともないでしょうけどそれはもう交換して新しいのにするのが無難です。 シールドベアリングの打ち出しは内側のリングだけに負荷がかかるので、移動しようとする内側と残ろうとする外側に挟まれて中の球が痛むため、「一度打ち出したら交換するのが無難」というのが定石になっているように思います。

スポンサーサイト
2009/04/19 Sun. 03:07 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret