05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

うちに来たのが縁のつき 

retouching

ぐっと暖かくなってきましたね。 春の彼岸がありましたので少し忙しくしていました。
冬の間中、作業する場所の室温が低くて中断していましたが、昨日から古いフレームのレタッチ作業を再開しています。 フレームは、30~40年代のイギリスの物・・・とだけ。 そんな有名な工房の物ではありませんし、“そういうつもり”で買ったわけでもありません。 単にあの時私に巡りあった それだけの1本です。
既に私の元へ来て6~7年以上経つように思いますが、ずっとそのままほっぽってありました。 ようやく重い腰を上げて作業し始めたのが昨年の秋。 冬の間数ヶ月中断していましたが、今日なんとかフロントフォークの片側(写真手前)だけそれなりの状態になったばかりです。 塗ってはならし、塗ってはならし・・・。 真面目にやっても数年掛かりそうな塩梅です。
あくまでタッチアップであり、総塗り直しではありません。 だから私が手直しできるのは、フレームの中でも黒い部分のみですね。 ヘッドチューブとシートチューブに白の胴抜きなどあるのですが、そこはほっとくしかありません_(:3 」∠)_  また下地には赤が置いてあるんですが、まだ施していないハゲだらけの部分を見てもらえばわかるように、その赤まで飛んでしまっている状態で上から黒だけ塗っても、同じ黒でもかなりの違いが出ます。 日光の下で見ればまだらに映るかもしれません。

でも、別に完璧に新しくしようとなんて思っていないのです。 むしろ直したことがわかるくらいがいい。 私はそういう物を愛します。

スポンサーサイト
2015/03/29 Sun. 23:11 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret