07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

モデルチェンジ!(主にナット 

CIMG1119.jpg今回は新しいクランクがやっと届いたので写真を載せておきます(まだ組み付けてないのでレビューは書けません)。

前年度ツールドフランス総合優勝を飾ったカルロス・サストレの同郷・スペインに本拠を構えるRotor社のクランクと楕円形チェーンリングの組み合わせです。 クランクはAgilis Evo、チェーンリングはQ-rings TT Aeroを選びました。

New crankset have been arrived from UK. Rotor's new Agilis “Evo” and Q-rings TT Aero version.



Rotor社の製品はどれもアイデアに満ちた物ばかりです。 サストレがツールドフランスでもたびたび使用して話題になった 楕円形チェーンリングのQ-ringsはもちろんのこと、ギミック付きのクランクとか色々作っています。 今年からはサストレが所属するCervelo test teamの正式スポンサーになったので、同郷選手をサポートするべく意気込んでいるようです。

こと楕円形チェーンリングについては、いくつか先駆者と呼べる物がありました。 シマノのBiopaceであったり、O.Symetricがそれに当たります。 私は直接知る由もない世代なので、全くと言っていいほどBiopaceについては知りませんが、かなりお粗末ですぐに消えていったそうです。

逆にO.Symetricの方は、ツールドフランスに出走する選手でも自費で購入して使う人がいるというほど、一部には受け入れられる魅力があったようです。 O.Symetricは、これまでの歴史の中で最も徹底して「非真円」を追求したチェーンリングで、もはや楕円とも呼べないような角張った形をしています。 本当は私も使ってみたいのですが、O.Symetricは絵に描いたようなマイナー企業で、私のような趣味で自転車をやっている人間が選べるような歯数が最近まで皆無でした。 これはO.Symetricの不親切さだけに因るものではなく、単純に、形があまりに歪すぎて小さいチェーンリングを作ることができないという、物理的な理由も大きいと言えます。

Rotor Q-ringsはその点もぬかりなく、PCD 110mmなら普通のチェーンリングと同じ34Tから生産されています。 今回購入した組み合わせも50×34Tです。

今回購入したのはチェーンリングだけではありません。 同社のクランク・Agilis Evoを購入しました。 Evoは、これまで販売されていたAgilisの後継機になります。 

ホームページの画像 ロゴが違う
Evoを本社ウェブで確認すると、右写真のような「AGILIS」という大きいロゴデザインになっているんですが、私の手元に届いた物はどう見ても旧Agilisロゴでした。 Evoが入荷するから、ということで海外のショップに注文して2ヶ月も待った私としては、Evoじゃないのは納得がいかないので問い合わせをしました。

返事には、間違いなくこれは“Evo”で、新しいロゴは先のサーベロテストチームに供給する事と関連した、実際の製品には反映されないもののようだ、と書いてありました。 また、Evoが旧Agilisから最も変更された点はチェーンリングナットで、Rotorが宣伝している「旧モデルから12gの軽量化!」の内訳は、ほとんどナットによるものなのではないか と締めくくっています。

ナットは確かに軽く、質感も合わせて私はプラスティックでできているのではないかと思いました。 あまりに軽すぎるため安物だと思ったくらい・・・。 早々に他の物に換えようかと思っていましたが、これが最大の変更点だったんですね・・・(複雑な心境

CIMG1122.jpg
かなりの肉抜きだが、変速ピンもちゃんとある
相対的に見ればマシというだけで、Rotorという会社は決してシマノのような優等生企業ではないと思います。 出してくる製品とか、得意素材や肉抜きに対するこだわりを見ていると、むしろドイツのTuneとか、廃業してしまったアメリカのm2racerなど、軽量パーツメーカーに多く見られるクセの強い会社ではないでしょうか。

アウターが50T、インナーが34Tですが、インナー34Tなんてほとんど楕円じゃないと思います。



さて、私のケルビムには、今現在はカンパのUTクランクが付いています。 従って、シマノ準拠で作られたこちらのクランクを使うには、新しくBBを購入しなければいけません。 候補として、トーケンの物を使おうと考えています。 以前店で触らせてもらった時に、4千円くらいしかしないトーケンのBBが一番回ったのを覚えています。
実は同じローターのSABBというこれもまたおもしろい機構を持ったBBがあり、どちらにしようか迷ってもいますが・・・。

スポンサーサイト
2009/04/15 Wed. 17:29 | trackback: -- | comment: 1edit

コメント

ファン宣言!

読んでいて楽しかったです。ありがとうございます。

なお #- | URL | 2009/04/20 09:46 * edit *

コメントの投稿
Secret