06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

キックポイント特性とシューティングについて 

ミッドキックとトーキック・・・ ひいては、スタンダードとテーパードという “規格” の違いについて書いておきます。 スティックを選ぶ時、シューティング理論を考える時、今感じている不満に対する資料として、前回記事 『スティックの理論とカスタムオーダー』 と併せてお読み下さい。



Think about sticks and shooting through kick point.

URL リンクにある前回記事を読んでもらえば、【キックポイント】 と 【シャフト規格】 について理解が共有できます。 この記事では、それを前提にさらに深めて説明します。



【キックポイントってなに?】



現在のカーボン製スティックには、制作・設計段階で 特に良く曲がるポイント(セクション) が定められています。 これがキックポイントと呼ばれ、スティックの性格を大きく左右します。



【キックポイントってどうやって作るの?】



もし仮に、上から下まで全く同じ材質・形状で作られていたら、スティックはまんべんなく全体的にしなるはずです。 逆説的に、どこかに “しなるポイント” があるなら、その部分は他に比べて弱く作られているということでしょう。



「弱い」という言葉はネガティブですが、「剛性≠強度」 です。 壊れやすさとは別問題ですので、混同しないで下さい。



カーボンの積層や、場合によっては形状自体を変化させる事で意図的に剛性の分布を変えて、屈曲が集中するポイントを創り、スティックの味付けを行っているのです。



【キックポイントの種類】



スティックのキックポイントには、大別して 2 種類あります。



① ミッドキック



キックポイントがスティック中央付近にあるもの。



名称未設定 1



ボトムハンド周辺 がしなるので、自然なしなり が感じられる。 実際に手にしている部分が屈曲するのだから、実感として曲がっている事が如実に伝わってくる。



キックポイントからブレードまでの距離が長い ため、反発(リリース)時はある程度の時間をもって 大きく 回帰する。 この時間的余裕は、自分のパワーを最大限伝えるための“タメ” にもなる。 しかしこの意味でも、シュートを打ち終わるまでに必要とする時間がわずかに延びる。 図中の「A」も、ボトムハンドの沈み量としてそのまま反映されることから、打球感を「ナチュラルだ」と感じる人も多い。



② ローキック



キックポイントが先端付近にあるもの。



名称未設定 2



キックポイントは両手で持っているセクションより  にあるので、手の中でしなりが感じられにくい傾向がある。 (フレックスポイント以外が全くしならないという事は決してない)



キックポイントとブレードが近いので、ストロークも小さく、リリースも素早く回帰する。 ストロークが小さいということは 小さなモーションで打ち了る事ができる 一方、入力を反発量に置換する絶対的な許容量が少ない という事でもある。 この傾向はキックポイントが先端に近づくほど強くなる。



文章を簡略化するためにサラっと書いていますが、上述の特徴は全て太字・色フォントにして下線を入れてもいい くらい、重要な事ばかりです。



【キックポイントとシャフト規格の関係】



現在主流となったテーパード規格は、基本的に ローキックのスティック を作るために誕生したと考えられます。 現在においてはテーパードシャフトでもミッドキックの物は存在するようですが、特別な理由がない限り、先端付近が細くくびれている テーパード・スティックを、ミッドキック に仕立てるのは効率の良い物作りとは言い難いと私は思います。



【フレックス表示とキックポイントの関係】



同じ会社(=同じフレックス計測方法)、同じ長さ、同じフレックスで、ミッドキック と ローキック  2 本のスティックがあったら、前者の方がより硬いと感じられる傾向にあると私は考えています。



フレックスの計測方法で一般的に広く信じられているのは、“スティックの中央に何ポンドの力を加えれば 1 インチ曲がるかを観察する” というものです。 開始水平線から 1 インチしなることは変わりがなくても、よく曲がる場所に加圧して 1 インチに至るより、曲がりにくい場所に加圧して 1 インチに達する方がより多くのウェイトを必要とするでしょう。



【具体的問題点】



ここまでの理解を前提に、「こういう問題を感じている人は日本のホッケーシーンには多いんじゃないかな?」というものをいくつか考えてみました。



① 日本人は基本的にミッドキックを欲しているのでは?



「ああ、今めっちゃ曲がってるよ!」というあの感覚。 その ナチュラルなしなりを伴う打球感 って、基本的に ミッドキック のそれだと思うんですよね・・・。



② 「硬い」って・・・ それもう曲がりきってるのでは?



今度は ローキック からの視点です。 手元でしなる感覚に乏しいスティック でシュートを打とうとする時、もっと飛ばしたいからと言って むやみやたらと体重をかけたり、ボトムハンドを押し込んでいないでしょうか 。 「もっとしなれ」って。 その努力は効果的ではないと思います・・・。



ローキックの球速を向上させる要素は、“どれだけしならせたか”ではなく、“どれだけ急角度に曲げたか” 。 これに尽きます。



③ いいトコ取りは難しい



「シュートを打つ時は柔らかく大きくしなるが、レシーブやハンドリングなどその他のスティックワークでは充分な硬さが得られる」・・・ そんな都合のいいスティックがあったら、とっくにバカ売れしている でしょう。 いいトコ取りというのは、基本的にうまくいかないものです。



シュートの事だけ考えればよいのなら、確かに、柔らかめのスティックの方が好まれる傾向があります。 しかし、例えばミッドキックのスティックでそれをやると、レシーブやハンドリングさえ手に負えなくなってきます。 パックの質量は変化しないので、スティックのたわみが我慢の限界に近づきます。



だから昔から、とにかく筋力をつけて、可能な限り硬いスティックを使いこなせるようにする という解決方法が王道だったわけです。 あるいは、そのような柔らかいスティックを使いながら、レシーブもハンドリングもコントロールも一級を目指すという方法もあります。 とはいえ実際には、NHL プレイヤーのような才能あふれる選手でさえ、「柔らかいのなんてムリ! それができる○○は特別な天才さ」とコメントしています。



ある意味このような問題に対する特別な解が ローキックスティック だったりするのですが、それは次段に書くこととします。



【番外:あり得ない性能】



スティックというのは、あなたが軽く素振りした程度でも、実はけっこうしなっているものです。 そこへ質量 160g のパックが接触すれば、侮れない影響を受けます。



従来より親しまれてきたミッドキックスティックでは、キックポイントから先端のブレードまでに一定の距離があります。 これは、ブレードにパックが触れると大きく影響を受ける素養のある設計だと言えます。 したがって、パックが先端に接触すれば、レシーブやハンドリングだけでもたわみますし、ワンタイムショットともなれば、とても強く影響されてしまいます。



それを解決したい場合に、現在有効と考えられている道筋が、ローキックスティックなのだと言えます。



ミッドキックに比べて、キックポイントが先端に近いローキックスティックは、全体のフレックスを下げてもパックからの影響を受けにくい素養を持っています。 「自分が入力する分には柔らかく、パックからの影響は受けにくい」という、構造的な道筋が立てられます。



柔らかいスティックで速いシュートをどうやって飛ばすか、という課題にも、取り組む余地があります。 既に述べたところではありますが、スティック全体でのしなりと反発に頼るのではなく、局所的なしなりに期待する方法です。 このためには、カーボン素材のさらなる進化が必要不可欠です。



このように、ローキックスティックには、「これをずっとつきつめていった先に、相反する 2 つの性能を両立した 理想のスティックが完成するかもしれない!」という、開発の “夢” があるんですね。 選手が好むと好まざるとを別にして、なぜこれほどローキックのスティック開発が盛んに行われているのか、頷けるのではないでしょうか。 別に、ミッドキックがオワコンだとは言いません。 身長が高く、パックの質量に影響されない高フレックスのスティックが使える選手であれば、全く自由に選ぶことができるでしょう。 一方で、私のような低身長プレイヤーにとっては、このような機材開発があって初めて、柔らかいスティックという選択肢を得ることができたという気持ちがあります。

スポンサーサイト
2014/02/11 Tue. 01:25 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。