06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

スティックの理論とカスタムオーダー 

Easton V9E custom modelホッケーカテゴリに久しぶりの投稿です。 これまで自作ゴール(枠だけ)とスケート靴のカスタマイズなんかを記事にしましたが、今回は一気に飛躍してカスタムスティックのススメ。 ブレードの原理原則を一通り説明します。



Make a goal with your own blade.

最初っから お断り の話になっちゃうんですが、この記事 クソ長い です。 いやホントに。 それでも全ての項目に渡ってかなりハショってるので、参考にするのは構いませんが、自分でよく考えて咀嚼して下さい。



無題_edited-15



最初に、用語の説明だけしておきます。



ブレードの先っちょが トー 。 根っこが ヒール 。 ブレードには 上のライン と 下のライン があって、ブレードとシャフトの接合部周辺を ネック(首) とします。



これらの呼称は、少なくともこの記事の中や私のブログ内でのみ有効です。 例えばですが、最後の「ネック(首)」なんて、英語の文章なら “Hosel” の方が広く使われていると思います。 この記事中ではこういう用語でいきます。






【曲がり】



店頭で販売されているブレード(スティック)のほとんどは、北米リーグの主な選手が使っている道具を商品化した物です。 その曲がり方は大別して3種類に分類できます。



名称未設定 1



① ミッドカーブ



特に中央部分で曲がる物。 あるいは、中央を中心に全体的に曲がっている物。
例) Chara



・パックを多面的に触るのでスティックワークの収まりが良い
・常に曲がっているのでスイープ系のシュートが容易
 →パックは曲がっているポイント=角度が増えるセクションでブレードに乗る
・角度が変わり続けるので、シュートの飛ぶ方向を理論的に求める事は難しい


② ヒールカーブ



ヒールだけで曲がっている物。
例)Lidstrom、Druly



・変化する(曲がっている)ポイントはヒールだけ
 →ヒールより先は1枚の板のような状態に
・角度が定まっているので理論的にパックの飛ぶ方向を説明可能
・スイープ系のシュートを打つには要技術
 →変化のポイントが一ヶ所しかないから


③ トーカーブ



耳かきのように先端部分が特に曲がっている物。
例)Ovechkin、Hossa



※例に挙げた選手のブレードですが、市販品では普通のミッドカーブになっていることは非常によくあります。 トーカーブを市販しても一般人は気持ち悪がってほとんど売れないからです。 しかし実際にはトーカーブを使っている選手はかなりの数存在します。



・見て分かるように、ショット時に先っちょしか使わないスタイル
 →もはやブレードテープもトーにしか巻かない
・スイープ系のショットは苦手
 →トー以外のセクションにほとんど変化がないため


〈 “曲がりの強さ” を表現する言葉 〉



ブレードがどれくらい強く曲がっているかを表す言葉には 深さ(depth)という表現があります。 深く曲がっているほど、スティックを大きくねじっても、正しい方向へシュートを打つことができます。 一方で、スイープ系に代表される スティックのしなりに頼らないショットにおいては不都合が生じる場合があります。



【開き】



ブレードがどれくらい開いているかというのは、大きく曲がっているかどうかとは 関係がありません。 スティックの上下ラインの差 がどれくらいあるかによって、オープンブレードの程度が決まります。



名称未設定 5



① が、開きの大きいブレード。 逆に ② のように、上下のラインが同じであれば、どんなに大きく曲がっていても “開き” は生じません。



開いているブレードは扱いにくいと忌避されがちですが、いくら頑張っても肩口にシュートが飛ばない人 は、もっと大きく開いたブレードパターンを選ぶ必要があります。 また、オープンブレードは 前段で言うところの “深さ” につながる要素でもあるので、開きが大きくなれば強いしなり・ねじれの反発を得る素養が生まれます。



【ライ】



シャフトとブレードのつくる内角をライ角といい、ほとんどの場合 略して「ライ」と呼ばれています。



20140107132508_003_edited-1.jpg



ライには 1~8 の番号が振られていて、番号が若いほどシャフトは寝ており、逆に数字が大きくなるにつれどんどんシャフトが立ってゆきます。



現在市販されているブレードは、ライ 5~6 が圧倒的に多数です。 ここで ライ 5 が標準であると仮定した場合、その角度は 135 度と定められています(これを氷に対するシャフトの仰角に換算すると、ちょうど 45 度ということになります)。 また、数字が “1” 変動する毎に、角度も +/-2 度ずつ増減します。



画像は実際の角度の通りに作図してありますので、どれほどの違いがあるのか参考にしてください。



ライは 絶対的な身長の高低に左右されるのではなく、身長に対する 相対的な スティックの長さ で決まります。 身長が高くても、その選手の胸の高さで切られたスティックのライは立っていなければならないし、身長が低くても、その選手の鼻や額の高さで切ったらライは寝ていなければならないということです。 この点については 【番外編:スティックの長さ】 に強く関連する文章がありますので、ぜひ合わせてお読み下さい。



【ロッカー】



丸みを帯びることを ロッカード といいます。 単純に角を取ってある程度のものから、「スティック本来のライ角まで変わっているのでは?」と思わせるものまで、程度の差は様々です。



名称未設定 4



① ヒールのロッカー





・スティックを寝かせても(ライを無視しても)扱いやすい
・ヒールでパックを扱う際、軸に近い場所で触る事ができる
・しならせるショットにおいては足つき感が損なわれることも


② トーのロッカー





・着氷する点が手前に移動するのでクイックな使い心地
・大きなしなり・ねじれを得ようとするには逆効果




【トー形状】



名称未設定 6



① 丸(ラウンド)



上述のロッカードトーの一種ととらえてもよいのかもしれませんが、こちらは純粋に、先端形状を工夫した末の丸形という位置づけです。 氷に対してトーを立てた際に点接触になる 為、トーイングがしやすい のが特徴です。



② 中間



丸と四角の両方を合わせた形。 これはあくまで個人的な感想ですが、あまりいいとこ取りをできている感じはありませんでした。



③ 四角(スクウェア)



着氷点が “軸” からより遠くに得られるのと、角が氷に引っかかるのとで、スラップショットなどに代表される、しなりとねじれを重用するショットで恩恵があります。 そのためディフェンスが多く選ぶ傾向があります。 一方、トーイングは氷と線接触になってしまうので苦手です。



【シャフト形状】



手で握っている部分の形です。 現状では3種類くらいに分かれます。



名称未設定 3



① やや丸い物  ② 平坦部分が凹面の物  ③ 角張った物



② などは、明らかにホールド力の向上のためにデザインされた物だと思いますが、では ① や ③ が何か狙いをもって作っているか?と言われると微妙なところです。 私自身は ② や ③ であれば問題ありませんが、① のようなスティックは苦手です。



【フレックス】



(2018/4/30 追記)
2014年に、誤記を訂正する追記をしたのですが、整理して清書しました。


“フレックス” の計測方法・表示方法には、一般規格がありません。 各社が、各社の方法を用いて測定した数値を印字しています。 (さすがに、会社内ですら計測方法がコロコロ変わるということはないでしょう)



ここでは、特にスタンダードな計測法として認知されている方法を紹介します。 生産されたスティックの両端を支えて、その中心にウェイトをかけます。 どんどん圧を増してゆき、スティックが 1 インチ押し下げられるのにかかった重さを、ポンド法で計測します。



「生産されたスティックの両端を」と書きました。 つまり、スティックの硬さは絶対的なものではなく、相対的な数値であるということです。 それぞれ長さの異なるスティックが売られているのに、そのどちらにも「75 flex」と書かれていたら、その 2 つのスティックの硬さは 同じではありません。 印字された数字は、「この長さで 1 インチしならせるには、75 lbs の力が必要」という意味です。 長さが違うのに 同じ力で曲げることができたなら、長さを同じにしたら 長かった方がより硬い結果になります。



購入後にスティックを切断すれば、相対的に硬くなることは誰しも理解しています。 同じことです。



【キックポイント】



スティックがしなるポイント を指します。 最近ではこれが 2 ヶ所あるような商品も発売されているようです。 自分が好む位置にキックポイントがある物を選ぶのもよいでしょうし、スティックを購入した後は、どこを握れば最大にしならせることができるか などを考えて練習に取り組むことも必要です。



本来はこれも選ぶことができるとよいのですが、今現在そうしたサービスは存在しません(例えばゴルフクラブなどはキックポイントの調整が可能です)。



重複する内容は、後段の 【ネック形状(シャフト規格)】 に任せます。



【ネック形状(シャフト規格)】



ネック部分の形は、時代と共に変化してきました。 現在は概ねこの 3 種類に分類できます。



名称未設定 2



① スタンダード



2 ピーススティック(シャフトとブレードが分割式で、別々に交換できるタイプ)が登場した際に普及した 古い規格。 手で握っている部分が同じ太さのままネックにつながる 形です。



シャフト~首まで形が同じ=剛性変化も少ないため 全体をまんべんなくしならせたり、ミッドキックのような設計に適しています。 古いから廃れるのではなく、このようなしなり方が好きな人が選び続けているからこそ残っているのです。



② テーパー



先端にしなりを集中させる あるいは、よりブレード付近までしならせるために考案された規格。 握っている部分からネックにかけて先細りさせることによって、剛性のアンバランスを生み出し、局所的なしなりによって従来より大きい反発力を得ようとする設計です。



2 ピースシャフトだけでなく、ワンピーススティックのほとんども、形状的にはテーパーに分類されます。



③ オーバル



現在 Easton だけが製造する 楕円形状 のネック規格。 Easton 自身は「Elliptical Taper」と呼んでいます。 しなりや反発力への期待はテーパードと同様ですが、何と言っても トーショナブル(ねじれやすさ) に着目した新しい形のさきがけです。



【表面処理】



いわゆる グリップ処理 とそうでない物の 2 つです。 このあたりは今後も新しい物が出そうな分野ですね。



それに加えて、テクスチャと呼ばれる凹凸が施された物もあります。 テクスチャの効能については様々あると思いますが、基本的には、手を滑らせやすくするためのものだと考えられます。 例えば、グリップ処理されたスティックではボトムスライドがしにくい場合、テクスチャが施されていることで接する面積が減り、ちょうどよい塩梅になる といったねらいがあります。



私自身はグリップ処理された物を愛用しています。 ボトムスライドがうまくできないという人もいますが、私は慣れの問題だと思っています。 ホールド力をサポートしてくれるので強いショットが可能です。






【番外編:スティックの長さ】



最適なスティックの長さとはなんでしょう?



Sidney-Crosby-sidney-crosby-1079520_600_408.jpg

左:Sidney Crosby 右:Alexander Ovechkin


どちらも紹介する必要のないほどの著名選手ですが、スティックの長さはどちらも 鎖骨 くらいで揃っていますね。 この 2 人に限らず、NHL に所属する多くの選手がこのような長さでスティックを切っています。 ディフェンスを含めても、です。



このような長さでプレーする北米リーグの選手の多くは、基本的にワンハンド(両手の距離が肘一本分の幅で握ること)でスティックワークをこなし、しならせるショットを打つ際にも、ボトムハンドをやや下げる程度で対応します。 しなりだけでなくねじれ(トーション)を多用するため、ほとんどブレードの先しか使いません。 故に、ブレードテープも先っちょにしか巻いていない選手が多数見受けられます。



留意すべきは、店頭に並んでいるブレードパターンのほとんどはこのような選手達が使っている物のレプリカであるのだから、やはり あなたの鎖骨くらいで切り合わせないと適正なライにはならない ということなのです。



しかし全てのプロフェッショナルプレイヤーが鎖骨でカットしたスティックを使っているわけではありません。 その一例として典型的な選手をご紹介しましょう。



Martin+St+Louis+Vincent+Lecavalier+NHL+Star+ZlwzgKPhA8rl.jpg



写真右に写っている小柄な選手は、Martin St.Louis。 身長は 172 cm しかありませんが、年間 60 ポイントを稼ぐたいへん優れたプレイヤーです。



この写真は 2009 年頃に撮影されたものですが、どうも彼のスティックは、スケートを履いた状態で  くらいはありそうな様子。 彼は長尺のスティックを使うことで有名で、「よりパワフルなショットを選択するために長いものを使っている」 と公言しています。 そしてその通りの結果を残しているのです。



実際、190 cm を超える身長をもつ選手が鎖骨で切るのと、170 cm を下回るような選手がそうするのとでは、スティックの使用感に雲泥の差があります。 相対的フレックスが変化するのはもちろん、間合いの問題もあります。



合わせて着目すべき点は、低いライ 。 彼はこのようなスティックを扱うために、ライを 3.5 にして注文しています。 【ライ】 の章段で説明した、「長いスティックには低いライ」というセオリーが守られています。



厳しい NHL の世界でも成り立つのだから、メリットとデメリットをしっかり見極めているならば、どのような長さのスティックを使うことも自由だということがわかります。 私自身は選手としてシュートに命を賭けているので、可能な限り長いスティックを使うことを是としています。 しかし、その長尺のスティックを使うための努力は必要です。






【カスタムオーダーの必要性とは?】



ここまでご覧になった上であえて書かせてもらいますが、不満がないのにカスタムオーダーなど必要ありません。 お金もかかるし、すぐ手に入る物ではありません。 しかし、ホッケーが機材スポーツである以上、道具でしか解決できないこともある のです。 そのことについて、特に日本人はもうちょっと考えるべきだと思います。



カスタムスティック自体には、もちろん以前から興味はありましたが、それは「男の子は誰しもスーパーカーに興味がある」程度の話です。 当時は自分の気に入ったブレードパターンが市販で存在していましたし、カスタムスティックなんて学生の身分で購入できる価格ではありませんでした。 (カスタムどころか、卒業するまで 2 ピーススティックでした)



しかし、大学も卒業して現在に至ると、ついにお店のストックも底をつき(むしろよくもった)、愛用していたブレードがなくなってしまいました。 類似の物はいくつかありますが、決定的に違う点があって代替になりません。



そんな状況で、お店に当時 Easton の最高グレードであった Stealth RS2 が置いてあるのを見て、そのオーバルネック規格に驚愕・・・ すぐ家に戻ってお金をつかみ、全然違う曲がりでしたが、耐久性や使用感を確かめるために 1 本購入しました。 もうこの時点で、このスティックでカスタムオーダーしようと心に決めていました。



【私のブレード】



私は Roenick という選手のプロストック・パターンを愛用していました。 高校生から大学卒業まで使いましたから、相当な気に入りようでした。 曲がりは典型的なヒールカーブですが、深さも開きもやや控えめなので、スイープ系もスラップ系も問題なく打てます。 そして一番珍しい特徴が、大きなロッカード・ヒール。 私が今まで見たカーボンブレードの中では最も極端なロッカー形状です。



一方不満がないわけではなく、ちょっとブレードが長すぎてプレッシャーの多い局面では鈍いと感じるところがあります。 カスタムオーダーにあたっては、この点を解消するために Roenick のブレードを整形していきます。



【ブレード整形】



original hockey blade ordering



先端を 1 cm ほど削った後、既に何度も氷上で使用して確かめた姿がこちら。 表はなんともないように見えますが、裏側は大きく剥離しています。 積層がむき出しの状態で酷使したので仕方ありませんね・・・。 これをパテで埋めて綺麗にしてから送ります。



original hockey blade orderingoriginal hockey blade ordering


使用したのはこちらのパテ。 テキトーに選びました。 少しくらいの傷はあちらで調整してくれると思いますが、あまりに大きいものは自分のためにも修復した方がいいと思います。 できあがった物が自分の望む形であるかどうか、保証はないからです。



性質の異なる 2 種類のパテを、よく混ぜて使います。 パテは 30 分もすると硬化し始めますが、余裕をもって作業ができます。



original hockey blade ordering



パテ埋めが終わってこんな感じですね。 今回はとりあえず Roenick というブレードパターンを極力尊重する形で、先端を削った以外はほぼ何も変更せず送りました。






【オーダーを終えて】



Easton custom stick届きました・・・5ヶ月 かかりましたけど 。 途中で色々あってかなりもめましたが、できばえは素晴らしいものでした。



箱には番号が記載されていて、それが私が今回注文したブレードパターンの識別番号ということだそうです。 これは Easton 本社に 3D データとして登録されています。 例えば次回のオーダーでライを 0.5 小さくしたいと思ったら、この番号と変更点を伝えるだけで対応可能です。



オーバルネックと私のシューティング理論は、やはり凄まじく相性が良く、これまでの自分とは全く別次元のショットが可能になりました。 やはりホッケーは機材スポーツ。 道具と共に努力するのが正しいかたちです。



今後の展望ですが、オーバルネック自体がブレードに向かうにつれて末広がりの形をしています。 それによって、私が気に入っていたロッカー形状のラインが微妙に変わりました。 次回はここを削って手直ししたいですね。



ライも、もっと寝ていた方がよいと感じました。 現在はスケートを履いて鼻か目線くらいの高さでスティックの長さを調整しているので、Martin St.Louis のように、ライ 3.5 や 4.0 などを試してみたいですね。



ブレードの曲がり自体も、もっと深さ・開き共に大きくしてよいのではないかと考えています。 それをねじり切るだけの体力と技術が今の私にはあるからです。 力があるのにふさわしい道具を選ばないと、正しい実力を発揮できないばかりか、逆にプレーのクオリティが低下する場合があります。 それもある意味道具をうまく使えていない内のひとつではあるかもしれませんが、そんな後ろ向きなことを言っているヒマがあったらポジティブに取り組んだ方がいいと私は思います。



本当に長い記事ですが、主に大学生と交流していてこういうのも需要あるんだなと感じたので なんとか書ききりました・・・。 ただしこれはあくまで知識にすぎないわけで、そういうスティックやブレードの性質、作り手が付与した性能や理論などを、自分がどうくみ取ってシューティング理論にし、また取り組むか? それが最も大切なことです。 そこに至らなければ「だから何なの」で終わってしまいますしね。



正月早々 1 週間で 2000 発以上打つほどスティックのできばえに舞い上がっている私がお送りしました。

スポンサーサイト
2014/01/09 Thu. 23:52 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。