09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

心が振れる 

既にtumblrで公開はしていましたが、数年前に見かけていたある振れ取り台の情報を取得しました。
この画像をPicasaにうpしていた方に連絡をとったところ、詳細を教えてくれました。

tumblr_mnmyi9lxsW1s0mdteo5_1280.jpg

この“Master Truing Stand”を制作したのは、彼の友人であるハンガリー人のZeteleka(Zsolt)氏。 ただし居住地はルーマニアとのこと。 Zsolt氏は自身自転車店を経営しており、数台のみ作られた振れ取り台の内1つは既に彼のお店で実用されているそうです。
今までに3つが売れて、1つはどこか別のお店に。 もう2つは自転車団体にもらわれていったそうです。 お値段は4000€。 各社のフラッグシップフレームが1本買える値段です^q^

tumblr_mnmyi9lxsW1s0mdteo2_1280.jpg

こんな箱に入っています。  こういった化粧箱と各種スペアパーツが付いての豪華セットです。 ほしい・・・けどあまりに高すぎてちょっと手を出そうという気分にすらなりませんねw
ちなみに重量40kg↑だそうです。

もらった画像は全部見たい人はtumblrでどうぞ
スポンサーサイト
2013/06/11 Tue. 10:05 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret