06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

養生する方を保護しましょう 

CIMG0391.jpgほんの少し前まで・・・ ダウンチューブにWレバーが付いていた頃は、こんなことを気にする必要もなかったのに。



Put a cover due to defend frame from friction damage.

塗装というのは、 単に見た目がよいから施しているのではなく て、特にスチールフレームの場合は 錆を防ぐ 役割を担っています。 だから、塗装が剥げないように色々と工夫するのは無駄ではありません。



ジャグワイヤー フレームプロテクター ところで、近頃こういう物が売られています。 Jagwire から販売されているれっきとした商品で 、フレームプロテクターと云います。 4 本入りで約 800 円もします。 見た目の通りゴム製で、大きさはだいたい 3~4 センチくらい。



これはヘッドチューブにさしかかるアウターケーブルを包むように取り付けて、塗装に傷がつかないようにするゴム なんだそうです。 ダウンチューブの W レバーで変速していた頃は、こんなことを考える必要はありませんでしたが、世の中が手元変速になると色々な人が不満を感じるようになりました。 「ケーブルがフレームこすって塗装ハゲてるぞ・・・ ('A`)」と。



ハンドルを左右に切ると、ケーブルがヘッドチューブ横を度々こする。 塗装はせいぜい1ミリあるかないかという薄さしかないので、ケーブルが触れているだけの摩擦であろうとも、少しずつ削れてゆき、最終的に剥げてしまいます。 しかし、結論から言うと、だからといって上記のようなゴム用品でフレームを保護するのは どう考えても無理があります 。 だって、アウターケーブルでこすっていたのが、被せたゴムでこするようになるだけ なんですもの・・・ (・ω・`)



ということで、買うならこんな意味不明ボッタクリ商品ではなく、フレーム側に貼り付ける 保護シート・保護シール にしましょう。 フレーム側に貼り付ければ、文字通り傷からフレームを守ってくれます。 上で紹介した Jagwire みたいな物を使った人たちの使用レポートがネット上にいくつもありますが、皆一様に「今度はゴムで汚れた」「ゴムが焼き付いて変な色が付いた」など、予想通りの結果になってしまったようです。



CIMG0390.jpg



実際、こんな物はビニテで充分で、むしろ貼りやすいし、切りやすいし、何より適度な耐久性を持っています。 すり切れるほど弱くはないけど強いわけでもないからちょくちょく交換しなければいけないので、粘着剤がこびりつくほど放置してしまうこともないでしょう。 おまけに安い。 上の写真には、分かりづらいですが、黒いビニテが四角く切って貼ってあります。 ビニテは1本100円。 さて、あと何回貼り替えられるかな?

スポンサーサイト
2008/09/23 Tue. 13:58 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。