05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

あけましていつも通り 

あけましておめでとうございます。
新年一発目の記事であろうとも私とこのブログは平常運転です。

Vista Crank Arm set皆さんは理想の自転車を追い求めていますか? 私は常に追い求めています。 追い求めすぎて、「あーやっぱピストいいわ」ってなってるのが今です()
例えばずいぶん浸透した楕円形チェーンリングなんて、あれも理想の自転車を考えた人々の結晶です。 私も使いました(割と長いこと)。 そして今思うのです。 楕円って破綻してね?と。

Oval chainrings really supply me with increasing power?



ずいぶん前に、私はこんな記事を書いています。 思えばこれが、Vista Bikesの特殊クランク and ペダルを取り上げた最初の記事だったと思います。
この記事はVistaの特集ではなく、あくまでQファクターに関する記事であって、扱いも“ついで”程度でした。

私は身長170cm以下で、BB~サドルトップも650mm程度しかありません。 見事な短足であり、クランクは165か167.5mmが望ましいところです。 しかしそれでもロードでは170mmを使います。 それ以下では踏み込みが重すぎるし、170mm以下は選択肢が少なすぎるからです(´・ω・`)
しかしフォームを崩さずこげる長さは限度があります。 正直私に170mmは厳しい。 やはり167.5mmが使いたい。 あるいは165mmでもいい。 しかしこげる重さではなくなる・・・。

そこでふと気づきました。 Vistaはチビを救うことができるアイディアなんだ、と。

Vistaの製品を使うと何が起こるのか、知らない人も多いと思います。
  1. ペダルが2cm弱 前に出て
  2. 同じくらい下に下がって
  3. 使用するクランクと同じ円軌道を描く
これです。 チビにとってこれはすさまじい効果です。 例えば165mmのクランクにこれを用いるだけで、175~185mmのクランクを踏んでいるのと同じ踏点を得られるからです。
(※中には「真円軌道を描かない」と言う方もいらっしゃいますが、偏芯なのでこぎ方による差が大きいと思います。 私は基本的に真円に近い軌道を描くものと考えています。)

Vistaがこのクランクでやろうとした事は、踏めるところで踏めるようにしようという、楕円チェーンリングと同じコンセプトです。 しかし、楕円とVistaとでは天と地ほどの差を感じます。
別に楕円は楕円で使えている人がいるのだから構いはしませんが、Vistaを見た後に楕円を考えると破綻してる感さえあるから不思議ですw

楕円は「踏めるとこではもっと踏めるんじゃない?」「そうだよ、実は踏めるだろ?ほら踏めよ、オラッ」「その代わり踏めないとこでは小さくしてもいいんじゃない?」という具合です。 一方Vistaは、「踏めるところって限られてるよね?」「そこではもっと力が得られるようにしとくよ!」という感じ。 やってる内容が全然違います。 (ちなみにVista純正のチェーンリングも若干の楕円形状)
私が楕円チェーンリングを使って最大56Tを踏むのは、所詮165mmで56Tを踏んでいるに過ぎません。 楕円にはあともう一歩が足りない。 だからアワーレコードではVista+O.Symetricだったのです。 楕円だけでは不十分 楕円の最大歯数を極大クランク長で踏めなければただの根性論である ・・・と、Vistaを見た後では感じてしまうほどです。

しかしVistaってやつは、どうしようもない製品なんですよ・・・orz

専用BBを使わなければいけないのに、完全に過去の遺物状態。 商売する気が感じられない売れないサードパーティによくあるパターンです。 現状ではねじ切りBBじゃないと付かないんじゃないかな?コレ^q^
さらに選択できる歯数もアウターなんか50/53Tの2つしかなくてもはや意味が分からないし、我々チビのために作られたわけではないので肝心の170mm未満の長さがありません。 唯一評価できるのはスパイダーアームの固定方式くらい。 こういうラチェット的な細かい嵌合なら、楕円チェーンリングの角度を自由に変えることができそうです。



改良を望むならば。

  • 165/167.5mmは絶対に追加
    (これ以下が本当に必要なのかわからない)
  • BB30もしくはHollowtechⅡ準拠
  • 両クランクとスピンドルが完全に3つに分解できる3ピース構造
  • 着脱式スパイダーアーム
    1. 可能な限り、“とある”他社製スパイダーと互換性を持たせる
    2. 様々な仕様を用意する(エアロ、コンパクト、110/74BCDダブル等)
  • Qファクターは150mm以下に抑える

この仕様はつまるところ改造ベースになり得る設計にしてほしいということです。 例えばスパイダーアームを有名他社クランクと同じ嵌合形状にしておけば、どこぞの物好きがスパイダー式のパワーメーターを付けたいと思った時に、既に選択肢があるわけです。 同じくBBスピンドルも3ピース構造にしておけば、軸だけ交換すれば様々な対応ができます。

現実的にはVista社がこういった改良をしてくれる可能性は明日隕石が我が家に墜ちるくらい“ない”事だと思います。 でも私は俺はボクはほしい。 なので某所に働きかけてみました。 やってくれるかどうかはかなり怪しいですが、押して押して押しまくってみようと思っています。
だって、理想の自転車のためですもの(*´ω`)
スポンサーサイト
2013/01/01 Tue. 12:41 | trackback: -- | comment: 2edit

コメント

Vista crankを使い一年はすぎてます。仮想BB下がりが大きくなるので、ペダルをすらないようにmeridaのBBハイトが高いフレームを使っています。開発者に改善要求を直接出してますが、対応はやかやか遅そうです。

unknown #- | URL | 2013/01/02 03:18 * edit *

>>名無しの権兵衛さん

>開発者に改善要求を直接出してますが、対応はやかやか遅そうです

遅そうどころか対応なんてする気ゼロだと思いますよ^q^

ペダルをこするこすらないは大問題でしょうね。
私はオーダーフレームなので使うならハンガー下がり自体を上げてしまいますが、市販フレームを使う人はそういう発想は無意味ですものね。

実際の使い心地はいかがですか?

ZENSHOJI.inc #- | URL | 2013/01/02 05:44 * edit *

コメントの投稿
Secret