07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

Parlee超えもあり得る 

the_bike_4.jpg何でみんな騒がないんだろうなぁと思うフレームがあります。 アメリカで、予定では来年1月から出荷を始めるArgonaut Cyclesというメーカーです。

Argonaut Cycles.




もう、この制作風景を見てメロメロ。 ジオメトリは若干の制限があるもののカスタムオーダーに対応しており、我々の選択肢はまた1つ増えたと言えます(*´ω`)

気になるその制限ですが、Argonautにメールで問い合わせてみました。
カスタムオーダーできるとのことですが、特にシート集合部は完全にモノコック形状に見えます。 動画の途中に金型を削ってるようなシーンがあったのでまさか1つ1つの注文に合わせて金型作り直してるのか!? なんて思いましたがそんなことあるわけなく(笑)、実際にはトップチューブは3゜のスローピングになるとのことです。 ただし「3゜以上のスローピングが選べる」のか「3゜一択」なのかは確実ではありません。 私がホリゾンタルフレームにできるの? と聞いたのに対して「3゜」という答えがあっただけなので^ω^
他にも、ヘッド角とフォークレイクもあまりいじってほしくないという印象を受けました。 ArgonautのフレームにはEnve CompositesのRoad 2.0が使われてますが、その中でも1-1/4"のテーパードを使っています。 ここはこだわりがあるのでしょう。 このフォークはオフセットが43mmしかありませんから、自ずとトレイルの関係から73.5゜を奨めたいそうです。 私には、つまりいぢろうとおもえばいぢれます、というニュアンスに感じられました。
ArgonautのBBは元からPF30採用。
ヘッドチューブは100mmから作れるそうです。

さて私の場合、ヘッド角73.5゜、フォークレイク43mmで計算するとフロントセンターが約570mm(弱)にしかならないんですよねw まぁでも、現在巷で売られているフレームを見るに、570mmもあれば充分なのかもしれません。 ただ、日本のオーダーフレームの世界ではフロントセンターは590~600mmはほしい! というのがある意味主流のような気がします。
ただ人間慣れというのはあって、私が今乗っているExtar Protonだって570mmに足りません。 でも別に普通っちゃ普通ですね。
私、フレームの設計に限らず、スポーツの道具っていうのは自分の目的をしっかり持って、それを極大追求するべきなんじゃないかと考えています。 「あちらを立てればこちらが立たぬ」なのはハッキリ言って当たり前。 私そんな恵まれた体格じゃありませんし^q^ もう、「こちらを立てる!!(´゚д゚`)」。 そして「あちら」は技術でカバーする。 それがいいような気がしてきました。

Amanda、Parlee、Calfee、Carreraに次ぐカーボンオーダーフレームとして、Argonautには非常に期待をしています。 むしろ現時点ではParleeよりかっこいいなんて思っちゃったり・・・(*´ω`)ゴニョゴニョ
スポンサーサイト
2012/12/05 Wed. 07:56 | trackback: -- | comment: 2edit

コメント

動画

この動画魅力的ですね 上手く作っていると思います
細かな寸法と角度 やはり大切な物なのに
どうして皆、現状で妥協しているのでしょうね
ま、誰かの書いた雑誌のインプレで左右されている間は何を乗っても同じかな・・

Kino #YVWDSDMY | URL | 2012/12/06 20:28 * edit *

>>Kinoさん

私はオーダーフレームのそつのなさが大好きですけど、ほとんどの人は軽くて走ってくれればそれいいということなんだと思いますw

白ピストと同じくらい快適なロードにできるよう目下試行錯誤を繰り返しています^q^

ZENSHOJI.inc #- | URL | 2012/12/06 22:40 * edit *

コメントの投稿
Secret