06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

姿勢の深さと漕いだキツさは別 

Hashiguchi Extar Proton3本ローラー漕ぐのに使っている白ピストのポジションがあまりによかったのでロードに反映させることにしました。 その為にDixnaの水平ステムを90/100/110mmと3本も注文! 90mmだけ入荷したので、とにかく付けてみることに。

Level stem!



上の写真は変更前の物。 KCNCのステムでライズ5゜の90mmです。
目測ですが、1cm下げて2cm前に出せば白ピストのポジションと同じになりそうな感じです。 ←あやふやな書き方をしていますが、木下さんが使っていた秘密兵器をポチったので近々届くはずです・・・グヘヘ(´◉◞౪◟◉)

今はいわゆる“ガン付け”状態ですが、1cm下げたいとすれば水平ステムにするだけで達成できそうです。 ということで水平を選んでみたところです。
余談ですが、ハッキリ言って私のハンドルセッティングは、ライズステムと見た目の相性がよろしくないと思います^ω^; なぜって、くどいんですよ、線の上がり下がりが。 ステムで線は上に向かい↑、シャローハンドルの肩からまた前に落ち↓、下ハンから今度は水平になり→、おまけにスローピングトップでその角度もステムと若干違う(・ω・`) これだけ色々な角度がちぐはぐに交わると、もううっとうしくていけません。
見た目のことを考えてもステムは水平の方がいいし、次のアマンダではホリゾンタルフレームに戻すつもりです。

Hashiguchi Extar Proton話が逸れました。 この写真←が交換前のハンドル周りの様子。
KCNC “Ti-Pro”(90mm/85゜)
にDeda “215 Shallow”。 もちろん26.0mmΦ。
Oval ConceptsのR700やR900が廃盤になり、ついにノーマル径かつ水平角のマトモなステムも駆逐されちゃいました☆ はぁー・・・悲しい。 水平角・ノーマル径のステムは、これからはオーダーするのが一番という時代に入っていくのですね。

別にこのDixnaのステムもそこまで悪いわけじゃないし、むしろ2800円というお値段を考えれば実測130g強の重量はむしろいい方です。 でもフロントキャップの精度が悪いとか、そもそもの造詣が・・・とか、やっぱり本気で来てるパーツと比べると格段に見劣りするのは事実(・ω・`)


Hashiguchi Extar Proton
交換前

Hashiguchi Extar Proton
交換後

なんか若干前下がり気味になってるように見えなくもない・・・?(´・ω・) でもヘッド角は71.5゜だから、73゜のステムを付けたら2.5゜前上がりになるはずなんですけどね。



この後ポジションの変更も行い、だいぶ乗りやすくなりました。 外で1枚写真を撮ったんですけど、ピンボケで使えず(´;ω;`)
サドルを前1゜下げ、2mm前に出して、4mmも高くしました! かなり大きな調整でしたが、事前に3本上で動画を撮影し、あからさまにサドルが低すぎるということを確認した上での作業でした。
事実、脚が非常にスムーズに回るようになって大満足(*´ω`) 167.5mmが合ってるんじゃないかなぁと最近ずっと思っていたのですが、サドルを上げたことで170mmでもちゃんと漕げるようになりました。 まだ上げられるかもしれませんがひとまずはこれで様子見。

ハンドルのポジションはさすがにちょっと下げすぎてる感がありますが、これは100mm以上のステムが届いてからいぢることになるので現時点では何とも。 ある程度安定したら、このヤボったいステアリングコラムもさっさと切断してしまいたいです^q^

スポンサーサイト
2012/11/20 Tue. 07:58 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret