07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

偉大なるゲルマンに敬意を表して 

kkalibur7qm6.jpg「轍」というものがあります。 過去にその道を通った車輪の跡が、草を倒して道を造るというものです。
私は修行が終わって帰ってきたら、きっとオリジナルのプーリーケージを完成させてみせます。 そして私がその“轍”として尊敬するのは、今私のExtar Protonに付けているcarbonschmiedeでもなく、ましてやBernerでもない。 そう、GS-Carbonsportsです。

Though I don't know where are you now, I must follow to go after your great road.



実は本日が夏の休暇の最終日。 もうすぐ“例の場所”に戻らなければなりません・・・よって少し急ぎます。 文章の校正はしませんので変な文章があってもスルーしてください^ω^

近年非常に流行した、リプレースメントのリアディレイラーケージ。 以前より、私が自作しようとしてRecordのディレイラーを破壊研究していたのは皆さん存じて頂いているところではないでしょうか。
しかし、ディレイラーケージを交換するというのはこのようなブームが来る前から既に有名な選手が行っていた事で、例えばFabian Cancellaraがその一人でした。 以前から行われていたことに世間が注目を浴びせただけであって、ブームが来たこの時に新しい事が始まったわけではないのです。 先を走る先人が、既にいたのです。

今ラージプーリーケージを手に入れるとすれば、どこから購入することができるでしょう。 Berner略(笑)にすると、私には
RAL Technologyしか思い当たる節はありません(´・ω・)
15Tのテンションプーリーをカーボンなりチタンなりで作っている所はたくさんあるんです。 でもケージ自体を作っているところは、圧倒的に少ない。

せっかくの機会ですから、プーリーだけ作っている会社を挙げてみましょう。

 ・fibre-lyte
 ・joechaimui-rothshek-bikeparts

 ・Experimental Prototype

んー・・・なんか他にもあったような気がしますが、今は思い出せませんw KCNCなどは正式ラインナップとして15Tの金属製プーリーを販売してくれています。

確かにRAL Technologyもケージを作ってはいますが、これはもう完全なエアロ形状であり、ロードに使う人がどれだけいるかと問われれば「少ない」と言わざるを得ないでしょう(・ω・`) よって、ロード用はBerner一択みたいなものです。
私が使っているcarbonschmiedeは、ウェブこそまだこうして残ってはいますが、もう稼働していない模様。 私が購入した当時は、手に入れるとすればcarbonschmiedeかBernerの二択だったのです。 少なくともこの2つを選ぶ事ができる時に興味が持てたのは幸運な事でした。

しかし! Bernerよりもcarbonschmiedeよりも、さらに以前からラージプーリーケージを作っていた工房があるのです。
それが、GS-Carbonsports

rearderailleur2zk5.jpgcarbonschmiedeやBernerと同じドイツの工房であり、中の人は某海外自転車フォーラムでも有名人でした。 最近はその名前を見かけることすらなくなり、どこで何をしているのやら・・・。
特筆すべきはBernerなんて言うに及ばず、carbonschmiedeも相手にならない圧倒的な造形美を誇り、そして何より'07以前の旧型カンパディレイラーに付けられるケージを作った唯一のメーカーでした(`・ω・´)

33z2xwj.jpg なぜ旧型カンパのディレイラーに対応するケージを他の会社が作らないのか。 それは一言で言うと「めんどくさいから」です^q^
難しい説明は今は割愛しますが、その他各社のデザインと違って旧型カンパのプーリーケージには段差が設けられていて、つまりはモールド製法をとらないと制作不可能な構造になっていました。 基本的に各メーカーのリプレースメントケージはCFRP板を切り出してディレイラーケージの形にしているので(つまり金型をいちいち作るなどというコストのかかる方法はとれない)、旧カンパのディレイラーに対応する商品についてはどこも作りたがらなかったのです。

このGS-Carbonsports以外は。

P4100222.jpg GS-Carbonsportsがどのようにケージを作っていたのか、今となってはわかりません。 もはやホームページが消滅してから久しいし、私がかつて画像を拾ったネット上のあれやこれやも大海の藻屑となって見つけられなくなってしまいました(´・ω・) 今「GS-Carbonsports」と検索しても1件しかヒットしません。
こうして記事にしたのは、こんな夢のある商品を提供した素晴らしいメーカーがいたんだということを忘れず覚えておいてもらいたいと思ったからです。 実際私の周りに、ディレイラーを作り始めた人がいます。 フレームを作って楽しんでいる人もいます。 中には、そういうことを始めた理由に私のブログの事を挙げる人まで・・・^q^ いや、うれしいですけどね(笑)、でも私なんかよりよっぽど次元が高くて夢のある物がかつてあったんだということを、そういう人にはお知らせしたいと感じました。

IMG_4323.jpg15Tプーリーとか意味なくね? と言う人は多いです。 別に私だって大して意味があると思って使ってるわけじゃないですw
でも楕円形チェーンリングを使っている人は、たとえ15Tのテンションプーリーに限らなくとも、ミドルケージやロングケージを使うことに既に意味はあります。 フロントの歯数に差がある設定の場合、チェーンは暴れますよ。 ダメってこたぁないけども・・・ショートケージのままだと安心とまでは言えない感じです。 そしてどうせケージを大きくするなら、ラージプーリーケージにするのは悪い選択ではないのではないでしょうか^ω^

少し違った視点からの話になりますが、Bernerはたまたまうまくいっただけで、基本的にサードパーティ製のリプレースメントケージなんて商売にならないんだ という事を、carbonschmiedeやGS-Carbonpartsの倒産が教えてくれています。 しかしこんなに素晴らしい物を提供してくれたおっさん達が実際ドイツにいたのです。 我々もゲルマン魂を見習って、見ていてほれぼれするようなケージを作ってみてはどうでしょうか。 幸い、やる気と根気さえあればすぐにそれが達成できる器用な民族に生まれついたのですから。
みんなが食いつくような素敵なケージをいつか作れたら、ドイツのフォーラムにでも投稿してみるって・・・すごくおもしろいと思いますよw
「きみんとこのアレを見なかったら、こいつは生まれなかったんだぜ!」って^ω^

スポンサーサイト
2012/08/17 Fri. 16:17 | trackback: -- | comment: 16edit

コメント

carbonschmiede

はじめまして
いつも御ブログを参考に拝見させていただいています。

同社にUltegraRDにも装着可能かとHerr Wetzにメールしたところ、Herr Sebastian WetzからDura-AceのRDにしか装着できないと返信がありました。

まだ操業されていると思われますが。
Ultergraに取付けられたら是非試してみたかったのですが。

kizen777 #uqxEX.2I | URL | 2012/10/15 14:18 * edit *

>>kizen777さん

コメントありがとうございます!

返信があったって、まさかGS_Carbonsportsの方ですか!?( ´゚д゚`)

unknown #- | URL | 2012/10/15 14:35 * edit *

carbonschmiedeの方からです。
>私が使っているcarbonschmiedeは、ウェブこそまだこうして残ってはいますが、もう稼働していない模様。

とありましたものですから。
言葉足らずで済みません。

GS_Garbonsportsはwebすら見当たりませんでした。

kizen777 #uqxEX.2I | URL | 2012/10/15 16:01 * edit *

>>kizen777さん

こちらこそ早とちりしてすいません、ちゃんとタイトルを見ていませんでした^q^
Carbonschmiedeだったとしても喜ばしいことに変わりありません。
貴重な情報をありがとうございます!

ZENSHOJI.inc #- | URL | 2012/10/15 17:21 * edit *

carbonschmiede <> Ultegra

つかぬ事うをお伺いさせていただきますが、carbonschmiedeはDura-AceのRDのみに換装可能なのでしょうか、UltegaraのRDでは無理でしょうか。
因みにWetz氏にUltegraに対応するか確認メールしたところ、Duraに対応との返信、Ultegraで検討してない気もしないでもないのですが、ゲルマンマイスターが検討してないはずはないとも思いますし…

筋違いな質問で申し訳ありません。

kizen777 #uqxEX.2I | URL | 2012/10/16 09:31 * edit *

>>kizen777さん

カンパはまだマシだと思いますが、やはり最上位コンポとそれ以下の下位グレードの作りは各社だいぶ違います。
デュラに合わせたピボットがくっついているはずなので、アルテ以下に使うのは難しいでしょうね・・・。

ZENSHOJI.inc #- | URL | 2012/10/16 11:29 * edit *

>>ZENSHOJI.incさん
情報ありがとうございます。
この日曜日に行きつけのプロショップ、プレミア神戸でNeiPrydeのRDにDuraとたぶんこのcarbonschmiedeのコンビネーションがfixされていました。
試乗してみたい。
ん。。。DuraのRDの掘出物を探す旅に出ようかな。。。
非円形のチェーンリンクも試して見たいし。
30年前に一度試してみたのですが、その時は歯数が異常に少なかったので、効果の程がわからなかったですが、今、コンパクト50/38Tなので、52/43Tの非円形を試して見たいです。

kizen777 #uqxEX.2I | URL | 2012/10/16 12:40 * edit *

GS-Carbonsport

あれからGS-Carbonsportsでググっていましたら、このRDを装着した自転車がありました、そしてそこからメーカーをたどろうとしたらLightweightに。
そのURLが見つからなくなってしまい、お知らせできずすみません。

それと貴殿写真を小生のブログに転載させていただいてもよろしいでしょうか。
http://ameblo.jp/kizen777/

kizen777 #uqxEX.2I | URL | 2012/10/22 11:52 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2012/10/22 12:28 * edit *

GS-Carbonsports見つけました

carbonschmiedeのSebastianとコンタクトが取れました。
GS-CarbonsportsはGS-Carbonpartsとして存在していますね、inquiryを出してみました。
=============================

amba.to/QF9zzpの中間にロゴを貼付けリンクに飛ぶようにしました。
金額云々がありますので、発注できると思います。
carbonschmiedeのように、まだコンタクトはしていませんから、HPだけが残っているのかもしれませんが。
ん。。。ちょっと取ってみようかな。

kizen777 #uqxEX.2I | URL | 2012/10/27 15:31 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2012/10/27 17:12 * edit *

Carbonschmiede

Ultergra RD用のゲージの作成可否を問合せたら、Dura Ace用しか考えてないとの返事でしたが、
私的には見た目が同じなので、是非考えて欲しいと再度メール、
12回往復コレポンで結局最後は返事無し。
そこでicemanVX Ultegra RD Gageを進めてもらいました。
すると、Carbonschmiedからオーダーまだと連絡、HPにも6700の文字が。
届きました、幅が狭い、チェーンがブレードと干渉し異音が、それを連絡。
すると新タイプに合わせたと、エエ、11速って型番違うよね。
スペーサー等を送って来ることになりました。

kizen777 #uqxEX.2I | URL | 2013/04/03 19:12 * edit *

>>kizen777さん

すいません、コメントして頂いていたのをずいぶん見落としていたようです。
写真ですが、基本的にネットに上げた物は著作権フリー程度に考えていますから、お好きに使って頂いて構いませんよ。

carbonschmiedeが変更するのはピボット部分だけでしょうから、その部分さえ作ればほとんどの物には対応できるはずです。
kizen777さんもこれでcarbonschmiede製のを購入されることでしょう。
個人的にはやはり自作の方に最近は興味がありますから、今年中には手を出したいなと思っています。

ZENSHOJI.inc #- | URL | 2013/04/03 20:36 * edit *

http://ameblo.jp/kizen777/

carbonschmiedeユーザーになりました。
チェーンとゲージの干渉が解決してないので、効果の程を実感できません。
この月末にFlechéで富山から京都までの約400キロをcarbonsmiedeかicemanVX Gageで走るか悩み中です。
ご自身でカーボンゲージもこさえられるんですか?
この前のツールデフランドルで優勝したカンチェラーラのプーリはでかかったですよね、あれBernerでしょうかね。。。

kizen777 #uqxEX.2I | URL | 2013/04/05 13:23 * edit *

>>kizen777さん

カンチェラーラは、もう相当前からラージケージユーザーです。
なんせ私がラージケージを知るきっかけになったのがカンチェラーラでしたから(笑
多分、もう7年くらい前になるんじゃないでしょうか。
おそらくGS-Carbonpartsのケージを付けて走っていました。

ZENSHOJI.inc #- | URL | 2013/04/05 16:35 * edit *

GS-Carbonparts カンチェラーラ

ZEHSHOJIさん

カンチェラーラーがGS-Carbonpartsを付けて走ったということはこの会社が存続しているということでしょうか。
CarbonschmiedeもKCNCのカーボンセラミックベアリングタイプも増えましたが、今日現在RDゲージの掲示が消えています。

kizen777 #uqxEX.2I | URL | 2013/04/06 13:27 * edit *

コメントの投稿
Secret