01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

さようならアディダス こんにちはシディ 

CIMG0353.jpg6 年間履き続けた靴に別れを告げる時がきました。  新しいビンディングシューズは、SiDi の 2009 モデル・ジーニアス 5.5 カーボンコンポジット。



My new shoes has come!
"SiDi '09 Genius5.5 Carbon Composite"

ブログ機能を研究してみたところ、以前のブログと似たフォントや文字サイズを使って書けることが分かったので、またこのような形式で記事を書いていこうと思います。



このブログは実際の行動ありきで更新される不定期ブログです。 その中で伝えたいことがあれば少しだけ自分の思うところを書くつもりはありますが、基本的にごちゃごちゃ言わずに読みやすいことを心がけて、写真も積極的に載せていくつもりです。






前置きはこれくらいにして、本題の靴の方へ。



中学校へ進学した時、入学祝いに買ってもらったのが初めてのロードレーサーでした。 青いアルミ製の、650C のジオス。 すぐにトークリップからビンディングに換えて、その素晴らしさに衝撃を受けたのはよい思い出です。



その時からかれこれ 6 年以上履き続けてきたのが、今回役目を終えたアディダスのビンディングシューズ。 買った時、既にセール品として売られていた物で、確か1万円ちょっとしかしなかったと思います。 間違いなく最下位グレードの商品だったでしょう。 そんなアディダスも、ついにソールが剥がれ始めました。 自転車も新しくなったことだし、ここで靴も新しくすることに決め、今日その新しいビンディングシューズを買ってきました。



CIMG0357.jpg



シディの 09 年新モデル・・・ 5 日前にいきつけのお店に入荷したばかりの Genius 5.5。 今乗っているケルビムもそうですが、選択の決め手は自分が求める「性能」が何なのかをしっかりとわきまえることです。 一般ユーザーは「耐久性」や「メンテナンス性」をもう少し重要に考えてよいのではないか と思います。 09 年シディ製品でこれ以上のグレードにすると、ソールがカーボンに変わります。 カーボンソールの靴を普段使いしたいとは、私は考えられませんでした。 Genius 5.5 はシディ製品としてはサードモデルにあたりますが、これが私の使い方には合っています。



CIMG0358.jpgシディ製品を選んだ理由は、履きやすさもさることながら、使いやすさへの配慮に惹かれました。 例えば右の写真のかかとに付いている赤いゴムは、減ってきたら交換することができます。 あるいは、ベルクロ部分にもギザ山が埋め込まれていて、ベルトが緩まない仕組みになっています。 正直、これまで使ってきたアディダスと比べると 1 枚も 2 枚も上手です。

スポンサーサイト
2008/09/12 Fri. 18:40 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret