06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

1年経っても・・・ 

Parlee PF30 conversion BB 皆さんお久しぶりです。 私 ZENSHOJI.incは、このたび1年間の修行を一応終えまして、この東京の地に帰京して参りました^ω^ 長らく放置していたこのブログも、これまた一応再開の運びとなりましたので、またどうぞよろしくお願いします。

記念すべき復帰第1回目は、1年経っても未だにグダグダ続いているらしいBB規格がらみでひとつ・・・。

It should be quiet.


一応 などと強調するのには理由がありまして、私の修行はまた別のお寺に行って続くことになりました^q^ だから1ヶ月もしないうちに、また1年以上は更新がない状態になってしまうだろうと思います。 私が実家にいる数週間のわずかな時間のみ、更新を再開させてもらいたいと思います。

ところで、私が1年間山にこもっている間に、自転車の世界では何があったでしょう。 何のルールが改正され、何の製品がbanされ、あるいは発売されたんでしょう。 私はほとんどのことについて、わかりません(´・ω・`)
ここ2日間で少しは調べてみました。 サドルの傾斜角まで口出しをしてきたり、Magraが油圧ロード用ブレーキを開発したり。 しかし、1年もの間にたったこれだけの出来事やパーツリリースしかされてないというのは、なんだか私の中では少なすぎるような気がしています。 やはりリアルタイムで自分の興味関心事に注視していないと、肝心の情報は入ってこないのかもしれません。
いずれにせよ私が知り得る情報というのは、私がこうして後追いで見ることのできた情報だけですから、正直こうしてブログにわざわざ書くような情報もほとんど見つかりませんでした。 どれも賞味期限切れだったり、自分の興味の対象外だったり・・・(・ω・`) しかしある一点、「まだやってんのか」とバカバカしくなることがあったので、まずはそれを題材に、記事を書いてみようと思いました。

まぁズバリ書きますと。

お前らBB規格乱立の流れ、まだやってんのかよ!!

ってことです。

ハッキリ言ってこんなの、私がこうして帰ってくる頃にはとっくに収束してるものだと思ってましたよ!w それなのに、東京に帰ってくる間にかけこんだ本屋で雑誌を見たら、収束どころかまた新しい「BB○○」が出現している始末(苦笑) もうメーカーが何を考えてるのかわからない・・・というより、「あぁ、何も考えてねぇんだろうなぁ」としみじみ感じさせるくらいの見事なぶっぱ合戦です。
“パーツの進化”とはすなわち“形の進化”とほぼ同義なわけですから、確かに規格ごと変わる必要性がある場合もあるでしょう。 だけどいくらなんでもこれはヤリスギw 消費者を置いてきぼりにして何が楽しいのやら^q^ 勘弁して下さいよお兄さん。

100歩譲って、自分の所のフレームに独自規格を使っても良しとしましょう。 できあがった物々は制作者たちの表現の結晶でもあります。 ならば少しくらいのわがままは許される・・・としても、それならそれで責任取って、他の規格へのコンバーターBBを全種類キッチリ用意するくらいの気合いを見せてもらわないと(`・ω・)

まぁ何でこんな事を書くかといえば、それは我が敬愛するParlee Cyclesが、ちゃんとそういう対応をしているのを見たからです(*´ω`)
本当にParleeっていうのはいい仕事をする会社です。 私が褒めちぎってもバチはあたらないことでしょう。

私の記憶が正しければ、1年前までParleeはBB30を主軸に据えていました。 しかし今ウェブを見ると、彼らの制作するフレームはPF30を主軸に切り替えてきたようです。
一次的な情報すら知り得なかったわけですから、この1年間の“空気”など私にわかるわけもなく、ここ最近までの製品開発発想の風潮を私は知りません。 しかしPF30を採用するフレームメーカーがぐっと増えている(ように見える)ところを見ると、私が考えていたことがほぼ当たったのかなぁという感じです。
即ち・・・「BB30使うくらいだったらPF30でいいんじゃねーの?」ってことです。
PF30である必要性はあまりないと思います。 もちろんメリットがあるから別規格が存在するのは間違いありませんが。 でもどうせBB30にするくらいだったら、いっそPF30の方がみんな幸せになれるよね HAHAHA! みたいな・・・そんなノリでPF30は広まりつつあるんだと思います。

PF30を正式採用し始めたParleeは、PF30→HollowtechⅡのコンバーターBBを自社ウェブでちゃんと販売しています。 顧客が自由なパーツ選択をできるように、オプションとしてそこに用意・提供しているということです。 こういうケアがあってこそ初めて勝手気ままな規格開発をしても許される・・・ということになるんじゃないでしょうか。
ほとんど調べてないに等しい状況ですから何とも断言はできませんが、Parleeと言い出しっぺ以外に
PF30→HollowtechⅡのコンバーターBBを販売しているのが確認できたのは、かのWheel Manufacturingくらいでした。 むしろ立ち位置的にはサードパーティである会社が好き放題売って、大メーカーがきちんとケアする・・・という構図の方が普通だと思うんですけどね(´・ω・`)
まぁ私には大メーカーさんの意地とかプライドとかそんなのようわからんので、一生わからないままでいたいと思います^ω^


あんまり長い文章を一度に書いてもアレなので、今回はこんな感じにしておこうと思います。 相変わらず文章ばっかり長くてつまらないブログですし、また家を離れてしまうためにそうそう新しい購入の記録・・・という流れにはならないと思います(・ω・`) 基本的には今回と同じように、気になったものをピックアップするという形になるでしょう。
更新の頻度は高めにいきたいと思いますので、皆様、またどうぞよろしく見ていってください! 次回はまたParleeのことについて書ければなぁ・・・と考えています^ω^

スポンサーサイト
2012/02/27 Mon. 17:13 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret