05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

大は小を兼ねる 

BSA30_1.jpg私は正直あまり興味がなく、上辺だけ「やっぱすげぇ!」で放置していたのですが、Rotor Bike Componentsの発表したBSA30というBBが一部の人達の間では便利な商品だということで注目を浴びています。 その評判とは「旧来のネジ切り式のJIS規格BBシェルに、BB30規格のクランクが取り付け可能!」というもの。 私も実際そうなんだと思っていましたが、多分勘違いだと思います。

BB right is BB right, not the same as BB30.


規格が乱立しすぎていよいよ何がなんだかわからなくなってきた昨今。 異なる規格で作られたパーツの橋渡しをする、「コンバーター」が多くの会社から販売されるようになりました。 Rotorから発表された“BSA30”もその1つです。
BSA30が画期的だったのは、「大きい物を小さい容れ物に入れた」ところ。
HollowtechⅡ準拠のクランクを、BB30の大穴に変換するのは簡単ですよね。 だってHollowtechⅡはBB30より小さいんですから。 大きな容れ物に小さな物を入れるのは簡単です。 ところが小さい容れ物に大きい物を入れるのは一筋縄ではいかない。 BB30を、旧来のネジ立てされたBBシェルに突っ込むというのはそういうことです。

昨日、ネジ立てJIS規格のBBシェルの自転車に乗った人が、Cannondale “Hollowgram Si Sl”を使いたいという話をしていて再びBSA30の話になりました。 しかしよく見てみると、私が想像していたのとBSA30の写真の形がまるで違うことに気づきました^q^ なんぞこれーと思って調べたのですが、やはりおかしい。
結論から言うと、BSA30はあくまでRotor “3D+”という自社製品をネジ立てBBシェルに取り付けるためのコンバーターであり、Rotor以外のBB30クランクは全くカバーされないと考えて良いでしょう。

BB30, BB right and BSA30この図は、BSA30(=ネジ立てJIS)とBB right、BB30の3つの規格を同じ軸で表したものです。 順番も上から同じです。
少しわかりやすいように整理しておくと、この3つの規格はどれもシェル幅が68mmを基本に設計されています。 JIS規格を基にBB30が生まれ、そのBB30からBB rightが生まれたからです。
最初はややこしいので、真ん中の点線より左側はほっといてくださいw 右側(つまりドライブサイド)にのみ注目し見てみると、BBシェルその物の長さは3つともピタリと同じです。 数字にすると34mmですね・・・68mmの半分だから34mmです、単純でしょ?w

正直BB rightという規格について語らないと話が進まないので、先に説明してしまいましょう。
Rotorが考案したBB rightは、左右のクランクアームを同じオフセットで作ることを最大の目的としています。 ドライブ機構がない左クランクは、その分右クランクより大きなオフセットを与えられていますが、Rotor的にはこれが「おかしいだろ!!m9(´゚д゚`)」ってポイントらしいです。
今までオフセットさせていた左クランクを、右クランクと全く同じオフセット形状に変更。 その分BBシェルその物を延長し、ブランクを吸収するこのカタチこそ、真に正しい造形だろうが!常考! ・・・というのがRotorの主張です(笑)
だから、彼らが注目しているのは左クランクの形だけだとわかります。 先ほど確認したように、右側だけに絞って見るとシェルの形は全く変化していませんでしたよね。 元のBB30と同じです。 しかし左側のBBシェルは増幅し、それに付随してスピンドル長も延長されます。 具体的な数字で示すと、ノンドライブサイドのBBシェルは、センターからの距離が34mm→45mmに増えています。


で、やっとここからが本題なのですが、ズバリBSA30というのは 【BB right】【ネジ立てJIS】のコンバーターであって、【BB30】【ネジ立てJIS】のアダプターBBではありません。 上に載せた図を見ていただければ一目瞭然で、いくらカートリッジベアリングの内径が合っていても全く長さが合わないのだから
BB30のクランクがBSA30に使えるわけがありません。
では、なぜ
BB30の親戚であるBB rightなら大丈夫なのか? それは、BB rightが大丈夫というよりは、Rotor “3D+”だから大丈夫なのだと言った方が正確です。 3D+が特別にできている・・・ただそれだけのことです。 将来どこかRotor以外の会社がBB right準拠のクランクセットを作ったとして、それが3D+と同じようにBSA30でJISシェルに取り付けできるかというと、全く保証はありません。 3D+がうまくできてるだけです。 BB rightが万能なんじゃありません!w
「うまくできてる」と書きましたが、それもまた怪しいところです。 おそらく3D+は、
ネジ立てJISにもBB30にもBB rightにも、全ての種類のBBシェルにアダプターなしで付くことがないクランクです。 そうでなければ3種類の規格に対応するなどということはできません。

ここに書いたことは、結局私がそうだろうと思って書いているにすぎません。 実際に手に取ってみたら案外違ってるかも? 問屋であるダイアテックに問い合わせもしてみたのですが、まだ1つも物が届いていないらしく、歯切れの悪い返事ばかり。 詳しい担当の人も外に出てしまっているというので確認はとれませんでした。 ただ、応答してくれた社員の人も「Rotor 3D+専用だ」とハッキリそれだけは言っていたので、その点は間違いないでしょう。
まぁ正直「大は小を兼ねる」だと思って下さい。 よくBB30のメリットは?と聞かれるのですが(なんせこんな腐れブログがBB30の検索結果の5位以内に2つもランクインしてしまうくらい情報がないらしいので)、BB30にHollowtechⅡを入れたり、Ultra TorqueやBB rightを入れることはできます。 しかし逆はできません。
選べることは、豊かさです(*´ω`)

スポンサーサイト
2011/02/09 Wed. 18:58 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret