07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

身近ではないが、むしろ手は届く存在 

世界にはいくつか、チェーンリングをオーダーできるところがあります。 日本にもCT'(シーティーズ)という旅行用自転車を主にしているお店が作ってくれます。 他にもきっと、公表していないだけで業01.jpg務は行っているところが少なくない数あるでしょう。
この中で楕円形チェーンリングも作ってくれるところがあります。 そのうちの1つがイギリスのHighpath Engineeringです。

Oval for indivisual riders.


私がいつから楕円形のチェーンリングを使い始めたのか? もうけっこう前の話で自分でも忘れてしまいましたが、私は今でも楕円を気に入って使っています。 少なくともレースではなく自分1人で走っている分には、楕円形は問題なく使うことができるのです。 これはTTなどに使う選手が多いことからも理解できることでしょう。
私は、楕円は平地ではとてもいい機材だと思っています。 一方で登坂においては楕円は使いたくありません。 登坂ではあからさまに真円がいいし、むしろ極端なことを言うと、ボロクソに評されて廃れてしまったShimano Biopaceも悪くないかもしれない・・・と思っているくらいです。 実際にはBiopaceを使ったことなどないのでわかりませんが、とにかく自分の感覚や体を信じて素直に表現するとそうなります。
そうでないにしても、少なくともインナーとアウターでチェーンリングの歪円度は変えるべき・・・否、私個人の考えとしてぜひ変えてみたいと思っています。 それが、アウターだけ楕円でインナーは真円とか、左右にそれぞれチェーンラインを用意して楕円と真円を使い分けられるように(ry とかいうよくわからない発想を想起させることになるのですが、考えている本人にはそのような現実的なテーマがあって妄想していることなのです(*´ω`)

そこで登場するのが、楕円形チェーンリングを特別な注文に応えて作ってくれる会社、特にHighpath Engineeringです。
私がもともと知っていたところは、Highpathだけでした。 知り合いから最近Veloniaというところも作ってくれると聞きましたが、正直私は英語しかわからないので、このVeloniaというところは全然わかりません。 英語でウェブを用意していなくても実際メールでは英語で対応してくれるところなどはけっこうありますが、実際Highpathがかなりマトモなので、まずはこちらから考えてみればいいのではないでしょうか。

で、このHighpathが言うところでは、やはり私と同じでアウターとインナーの歪円度を変えることを推奨しています。 ただしその後が私と真逆で、彼らは高速巡航(つまりクランクがくるくる回っているとき)で使うアウターには歪円度を低く(=真円に近い)設定し、山岳などケイデンスが低下する場面で使うインナーには強く歪んだチェーンリングを用いるのが良いとしています。 これは彼らの理論であって、それを否定するも肯定するも、それは使う人次第です。 少なくとも私は彼らと逆の考えではありますが、彼らの言っていることは理解できます。
私はむしろ高いケイデンスでペダルを回しているときこそ高い歪円度を持ったチェーンリングを使いたい。 山なんかで歪円度の高いチェーンリングを使うと、私はすぐに脚が品切れになって失速します。 いや・・・失速ですめばいいですが、伊豆を走っているとオールアウトしてしまうこともままあります^q^
Highpath自身が持っている理論はそのようなものなのですが、それは単なる目安。 自分の理論と違うからと言って、お客さんが注文した通りに作ってくれないなんてことはありません。
完全なオーダーで制作できるということは、楕円形チェーンリングに重要な様々な要素を好きなように設定できるということです。 それはここまで話してきた歪円度はもちろんのこと、出力のポイント、歯数、BCD、切り抜き模様、素材などなど、多岐にわたった事細かなオーダーが可能です。
O.Symetricや、あるいはOgival “Plateaux”などのチェーンリングはただの楕円形ではありません。 よって、HighpathやVeloniaで楕円形チェーンリングのオーダーが可能だったとしても一概に捨てることはできません。 しかしRotor Bike Components “Q-rings”やStronglight “Plateaux Bio Concept”のように、単純な楕円のチェーンリングを買うのであれば、HighpathやVeloniaは同等以上の選択肢として考えてよいのではないでしょうか。

スポンサーサイト
2010/12/12 Sun. 16:11 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret