07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

有象無象 

実は少し困ることがあります。 それは、前回のGokisoのようなまとまった記事としてはとても書けない、半端な写真の方が圧倒的に多いということです^ω^; どうするか悩んだのですが、Difinitive -Gitaneそういう撮影物については、とりあえず会社3つくらいで1つの記事にするという感じで書いていこうと思います。
今回はGitane Definitiveだけで書けました。

Gitane... ofcourse I remember the name.
But is it really the same company?



あなたは「Gitane(ジタン)」という名前を聞いてピンとくるものがありますか? 旧車ではおなじみの名前ですが、ジタンは間違いなくフランスを代表するフレームだったのです。
それがうんともすんとも名前を聞かなくなり、私はとっくに倒産したものとばかり思っていました。 実はPeugeotに買収されたとか、吸収されたとか? その辺りの経緯は私にはサッパリですが、
確かにこの隣にはPeugeotが展示してありました。

Difinitive -GitaneこのGitane Definitive銘で出されたフレーム・・・なぜか展示してある場所にはモデルネームのタグやプレートなどは一切なく、「何てモデルなんじゃろ・・・(・ω・`)」という感じで帰宅しました。 公式ウェブを確認すると、私が撮ってきたこのモデルはThe One ISPというモデルだとわかります。 どう見てもこのフレームが最も手の込んだ造りになっていて、後ろに写っている他モデル(と言っても1つしかありませんが)はただのシティバイクといった感じで、魅力のカケラもありませんでした。

Difinitive -GitaneしかしThe Oneシリーズに関してはかっこいいフレームだと思いますよ。 と言っても・・・私は設計段階で乗れないフレームですが^q^ フレームは1090gで、フォークは335g。 十分軽い部類です。

ケーブルラインはこのように内蔵するタイプ。 ラインが血管のように浮き出ているのはFocus Izalcoに似てますね。

Difinitive -Gitaneシートポストは撮影したモデルについてはISP仕様。 非ISP仕様もあるようですが、そちらも専用シートポストしか使えないエアロ形状なので、結局ポジションに難儀する人の出そうなフレームです。 ていうかいいかげんこのISPだの専用シートピラーだのってのはやめにしてもらえないものですかね?^ω^;
シートステイもブレーキブリッジまでは“傘”がかかっていて剛性のことを考えてあるようです。 これはGiantっぽい。 まぁ業界なんてしょせん流行で動くところがありますから、結局はトレンドを押さえた寄せ集め的なフレームが出てくるのがある意味真理だし、実際それがいいフレームになることでしょう。

Difinitive -Gitane正面から見ても、エッジの利いたデザインが見てとれます。
なぁーんにも説明がなかった・・・というのは既に書いた通りですが、この写真からでも上下異径のヘッドセットを使っていることが分かります。 上・1 1/8"で、このゴツさからいくと下・1 1/2"といったところでしょうか。 このあたりはウェブを見ても書いてないのだから困りものです(´・ω・)

まぁなんというか・・・見事にFocus IzalcoとGiant TCR Advancedを足して割ったようなフレームとでも言いましょうか?w もちろんその中にも多少の造形を加えているわけですからパクりとまでは言いません。 今のフレーム市場を見れば、Gitaneよりよっぽど後ろ指を指されるメーカーなんてそこら中にありますからね。 そこをいくとGitaneはマトモだし、見た目だって悪くない。 惜しむらくは、この展示がかなりテキトーで、細部を見るのも難しいような展示状況だったことでしょうかね?


見せてもらってる立場で偉そうなことを言うのも場違いではありますが、中には「・・・これは中学校の文化祭か?( ゚Д゚)」と思ってしまうほどの展示さえあります。 完成度がどうこうという意味ではなく、手抜きということです。
見るも自由・・・そして展示するのもまた自由。 確かにそうです。 けど適当にやってるのが見え見えだったりとか、やる気がないのが明らかだったりとか、もっと言ったら、展示してる自分たちだけで勝手に盛り上がって楽しんでる単なる自己満だったりという雰囲気を当てられるのは、ハッキリ言って不快なだけですw
Gitane The Oneは決して粗悪品というわけではなさそうだし、仕上げがまるでなってないPeugeotをあんな風に展示するくらいだったら、こちらをしっかりと展示してほしいと感じました。 日本の代理店はそういうところで誠意を見せるべきでしょう。
スポンサーサイト
2010/11/10 Wed. 15:29 | trackback: -- | comment: 2edit

コメント

見てきました。

私もサイクルモードでこのGitane The Oneを見かけました。
ともすれば気づかずに通り過ぎてしまいそうな場所、そして展示方式でしたね。
私はGitaneのブランドを知らなかったので見たときになんだこれ?
と思った同時にこのフレームはかっこいいと思いました。
貴殿ブログでの写真をみてもやはり凝ったかっこよさがあるなぁと。

”見せてもらって”とおっしゃっていますが、入場料が掛かっているわけですから
私も、中途半端に展示するのは不愉快だと思います。
少なくともこのフレームは性能はわかりませんがデザインはなかなかかっこいいですし、
代理店ならちゃんと展示してほしいですよね。

なんとな~く高そうですが、今後の情報に期待したいところです。

突然のコメント失礼しました。

kayatama #HfMzn2gY | URL | 2010/11/11 08:01 * edit *

>>kayatamaさん

確かに入場料を払っていますから、主張する資格も十分あるかもしれませんね。
いずれにせよ、あの場は店舗・企業にとっても自分の扱う製品をアピールする最高の場であるし(なんと言っても来る人来る人全員“相当自転車に興味ある人”であることうけあいなのですから)、そこでしらけた展示や対応をするというのは少なくとも私にとっては全く理解不能です。
いくら縛るものなしといえども、やはり会場の雰囲気や空気というものは存在するわけで、それと明らかに相容れない展示というのも見ているこちらはしらけてしまいます。
ふんぞり返ってイスに座り、内輪だけで盛り上がっているなんてお話になりません^q^

>なんとな~く高そう

私もそう思いますね(笑
それにしても価格や仕様が一切書いていないしパンフレットの1つもない状態でどう「迷え」というのでしょう?

ZENSHOJI.inc #- | URL | 2010/11/11 13:48 * edit *

コメントの投稿
Secret