03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

ダブルタップ組み立て編 

たいへん時間があいてしまいましたが、ダブルタップを組み立てていきます。

Re-build up double tap levers.



ワイヤーを巻き取る赤いリールが入った状態からスタートです。
この時点では特に何も特別なことは考えずに、ただ上から入れましょう。

Sram Doubletap lever dismantle 26

本当に上から落としたような状態なので、この状態では向きも不十分ですし、カタカタと動いて作業になりません。 そこでnoteで示した部分を向こう側へ押して、部品を回転させます。

Sram Doubletap lever dismantle 27

バネの位置を見れば、部品が1/4ほど回転したことがわかります。 ここまで押し切ると、ブラケット内部と部品が引っかかって戻りません。


Sram Doubletap lever dismantle 30

ここでひとまずピンを途中まで挿入しましょう。 ピンの固定力によって、この後の作業がぐっとやりやすくなります。


Sram Doubletap lever dismantle 28

これでも次の部品を収めるのにはまだ不十分なところがあるので、ラチェットの爪を2クリック進めます。 このように部品を回転させるのは、続いて組み付ける部品の邪魔をするような突起があるからです。
使っているのはホーザン製のスプリングフッカー。


Sram Doubletap lever dismantle 33

そうやってできた隙間へ小レバーを挿入します。


Sram Doubletap lever dismantle 34

さらに小レバーのためのバネとスペーサーを。 ここは多少力業になるかもしれませんが、エルゴパワーに比べるとさほどでもありません。

あとは後ろに半分刺さったピンを奥まで押し込めば完了です。 ビスとフタを付け直し、大レバーを留めてフードをかぶせましょう。



左(フロント用)は若干作業に違いがあるので、後日追記します。
スポンサーサイト
2010/09/09 Thu. 16:51 | trackback: -- | comment: 2edit

コメント

こんにちは。ダブルタップの分解と組立大変参考になります。
よろしければダブルタップ左側の違いに関しても教えていただけないでしょうか

Hirowa3 #SmwoALMg | URL | 2012/03/26 23:30 * edit *

>>Hirowa3さん

ありゃー、実は書いてなかったオチですね!w
完全に忘れてましたし・・・(´・ω・`)

実は、私は明日(2012/3/28)から、また寺へ修行に入ってしまうのです。
ですから、大変申し訳ないのですが、ダブルタップ左側分解を記事にしてお見せすることは少し難しいかもしれません。
今確認したところ、Flickrに写真は保存されていました。
ですからそれを使えば記事を書くことはできるのですが、なにぶん分解したのが遠い昔のことなので、問題なのは私の記憶の方ですw

今日は最後ですから、たくさん記事を書くつもりでいます。
やはり書こうと一念発起したら、遅ればせながらダブルタップ左側の事も書かせてもらおうと思います。
あやふやな事しかお答えできなくて申し訳ありません!

ZENSHOJI.inc #- | URL | 2012/03/27 08:42 * edit *

コメントの投稿
Secret