09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

突然じゃない突然の新型発売 

011_20100212004540.jpg 案外早く出ちゃったんだね・・・しょうがないね・・・(´・ω・`)

The new version has been released.


昨年末にやっと購入したeeCycleworks eebrakeですが、長いこと世界中どこもかしこも品薄状態が続いていた事をご存知の方もいらっしゃるだろうと思います。 twitterの方でつぶやいたことがありますが、eebrakeは本家ウェブの直販ページでさえ在庫が全くない状態が半年近く続いていたのです。 かねてより開発されているeecrankが一向に製品化されないのも気がかりでしたし、私は本当に倒産するのではないかと思ったくらいです。

それが今回、新型eebrakeが突如発売されるという形で払拭されました。 新型が開発されているのは知っていても、いつ出るかは知らなかったので突然じゃないけど突然の発売でした。
003_20100212004540.jpg新型は旧型より単体2g軽くなったようです。 これでZero Gravityと重量が全く同一になりました。 たしかに安いっちゃ安いわけですが・・・正直効きは確実にeebrakeに負けてて重量も同じとなれば、ブレーキなんていう自転車の中でも安易に手を出しちゃいけない筆頭みたいなパーツを軽量化しようという漢気あふれる人間に訴えかけることができるとは思えません。
最大の変更点は開口部の幅が増大したことです。 対応するホイール幅が増えたのは確かにメリットだと思いますが、私を含め、大抵のロード乗りにとってはこれと言ってありがたがることではないと思います。 海外に行くと28C以上のタイヤが一般にかなり使われているらしいので、それなら確かに喜ぶ人はたくさんいるのだと思います。 ただ日本では道がいいし、ほとんどの人が細いタイヤばかり使うので、私同様これを現実的にメリットとして感じられる人は少ないことでしょう。
 他にも私が気に入らないと言ったアジャスターの部分なども変わっているんですが、実際に手に取ってみないと何とも言えません。 
正直ここまで早い段階で発売されるとは思っていなかったので、既に購入してから1ヶ月経っているとはいえもう少し待っていれば・・・とは思いました。 ただ前述の通り在庫が半年近く枯渇した状態が続いていたのと、ほとんど型オチみたいな価格(45,260円)で購入できてしまったため、まぁこれはこれでいいかと思っています。 アップグレードされた機能も私にはあまり関係ないものでしたしね。

今日はもう眠いのでこのへんにしておきますが、気が向いたらeebrakeという商品の販売方法についてうだうだと長い追記をするかもしれません。



(2010/2/12 追記)
eeCycleworksのウェブをご覧になれば、「buy it now」のタブを確認できるでしょう。 これが文中で私の言っているウェブ直販というヤツです。 価格はシューなど付属品がない物で519ドルとなっています。 これは旧型の値段で、新型は50ドルほど値上がりしています。
ゼータトレーディングが輸入したeebrakeを日本で買った場合、これが69,300円となります。 円の価値はここ1年足らずで大きく変動したため、数字だけ並べても妥当な議論などできません。 そしておそらく妥当な価格設定であったろうと私は考えています(経済に関心があるわけではないので)。

問題なのはウェブ直販が残っていることです。 7万円近い日本での定価と519ドルという価格は、現在のレートで換算するととんでもない違いなんですが、そもそも直販が残っているというのに代理店とショップが間に入ること自体無理がありませんか?
数は多くありませんが、確かに海外のショップにもいくらかeebrakeを扱っているショップはあります。 しかしそういったショップの多くはまず利益などないような・・・営業さんからもらったパンフレットを入り口横に置いてるようなノリでeebrakeを売っているところがほとんどです。 あるショップにおいては、直販と全く同じ519ドルで販売していました。 そんなもんです。 だって直販があるんですから。 何かしらのメリットがない限り、それより高くして売れるわけがありません。

ゼータは好きな代理店だし、その他暴利をかけてろくに仕事もしない代理店のように悪く言ってるのではありません。 しかしeebrakeについてだけはどうしたかったのかよく分かりません。
スポンサーサイト
2010/02/12 Fri. 00:50 | trackback: -- | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret