08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

トレンクルがやってきました 

Panasonic Traincle

Panasonic のトレンクルを購入しました。 オークションで8万円程度。 フォークは曲がっているし、フロントハブの玉あたりもガタガタ・ゴリゴリ。 他にもいろいろおかしなところがありますが、初めて自分で買った折りたたみ自転車です。

この車体は、いわゆる“初期型”と呼ばれる物。 いちばんの特徴は、ハンドルポストが左手前に折れて、フレームとフレームの間に挟まるかたちで折りたたみが完成することです。 Dahon かどこかに指摘をされて以降、現在では右手前に折れる設計へ変更されました。 実際には、左折れだろうと右折れだろうと、折りたたみサイズにほとんど差はありません。 ただし、ブレーキレバーなどの突起物が内側に隠れるという点で、やはり初期型の左折れポストはストレスが少ないと感じます。

98年頃に発売されたトレンクルですので、既に20年近いロングセラー・モデルです。 もちろん喜ばしいことではありますが、それだけ設計が古い証拠でもあります。 現在では、トレンクルとほとんど変わらない軽さの折りたたみ自転車が 5万円程度で当たり前のように販売されており、細部もよく考えられていて、それらは良くも悪くも 大量生産という環境で実によく洗練されています。

それでも私が「よし買おう」と思うことができたのはトレンクルだけでした。 この自転車ならカスタマイズに投資しても満足できる・長く使っていくつもりになれる と感じたのが決め手でした。 各部の造詣はもちろんのこと、チタンという素材にはそういう価値があるのかもしれません。 この車体はほとんど“改造ベース”と思って購入しましたので、今後は、おそらくフレーム以外に純正品は残らないというくらい、手を加えることになると思います。 ゆっくり進めていきますね。

スポンサーサイト
2017/09/03 Sun. 12:16 | trackback: -- | comment: 0edit