06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

スピプクリートを使えば楽ができるね 

10年以上前に販売されていた Vista Integral Pedal Unit という、専用設計のクランクとペダルのセット部品を皆さん覚えているでしょうか。 Zen Crank とか Crank Tip とか、その後それっぽい商品がいくつか世に出ましたが、結局、Vista と同じ構造のペダルは未だ発売されていませんし、いわんや一体型クランクをや・・・ ということです。

ご存知ない方・忘れてしまった方ばかりだと思うので申し上げると、Vista Integral というクランク・ペダルセットは、類まれな設計思想で多くの者をとりこにした一方、アイディアに対してあまりにクソすぎる設計が行われたせいで、Qファクターが 180mm 近くあるという まさにフランスの伝統的物づくりが感じられる自転車部品でした。 専用設計したのに、なぜただの Vista ペダルよりも Qファクターが広がるのか、これがわからない。 ちなみに当たり前ですが、Vista 社はとっくに倒産し跡形もありません。

001_20170716191401018.jpg
003_20170716191358ae7.jpg002_20170716191359b82.jpg

そこで、CADが使えるようになった今、こうして検証してみました。 ペダルのためのベアリングは、内径 25mm、幅 9mm です。 文字通り机上の計算ではあるわけですが、これで Qファクターは146mm。 きちんと設計しさえすれば、一般的なクランクと変わらない Qファクターで、偏心ペダルを楽しむことができるという確信が持てました。 今年はスケートの研磨機を作るのに投資をしているので無理ですが、来年はぜひこれを作りたいと考えています。

私の考える Vista 的偏心ペダルの優位点というのは、短いクランクの小さいペダル円軌道を変えずに、より遠い踏点を得られることにあります。 165mm の円軌道のまま、180mm のクランクと同じ踏点距離が得られるのだとすれば、これは低身長ライダーにとって素晴らしい選択肢になり得るのではないでしょうか。 なるかならんのか、それはやってみなければわからない。 試してみるしかない。

スポンサーサイト
2017/07/16 Sun. 19:41 | trackback: -- | comment: 4edit