09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

Simmons Racingの靴で幸せになった話 第3回 

今日は型取りについて書きます。 (第3回ということになっていますが事情を考慮して先に投稿します)
あえて言おう・・・カスタムオーダーは型取りが全てだと!!

Input your thinking into the foot mold.

-- 続きを読む --
スポンサーサイト
2016/10/30 Sun. 15:44 | trackback: -- | comment: 0edit

Simmons Racingの靴で幸せになった話 第1回 

Simmons Mojo

エイサップ→Sierraと2軒続けて最悪のシューメーカーにあたってしまった私でしたが、苦節の末に、こうして Simmons Racing という最高の職人と出会うことができて 感無量です。

The best cycling shoes for me, Simmons Racing has arrived!

-- 続きを読む --
2016/10/27 Thu. 18:56 | trackback: -- | comment: 0edit

読み方は「トライアクス」だそうです 

久しぶりに手放しで使ってみたいと思えるパーツが出てきました。 Edco “3ax”ペダルです。 何がすごいかは動画を見るのが手っ取り早いでしょう。


この世の全ては程度問題。 スポーツ機材も一緒です。 「理想的な足首の角度はこう。 膝はこう、角度はこう」。 それは理解できるんですが、短期決戦できるトラック競技で成り立つことが、ロード競技でも、ブルベでも成立するべき などというのは、考えるだけムダなことだと思うんですよね。
もちろん、疲労に負けるに任せてペダリングが好き放題ブレると、膝の故障につながったりします。 それは疲れていてもやってはいけない動きということになりますが、ここで私が申し上げたいのは、ある程度の遊びがあって、機械的とは少し違った軌道でペダリングできたり、いくつもの体の動かし方が使える方が、走行距離が長くなるほどにつながるということです。
これは多くの自転車選手や愛好家によって実感されていることで、それ故に、Bontに代表される超剛性シューズが存在する今でも、柔らかい靴が人気だったりします。 あるいは、相対的に剛性の低い廉価版の靴をわざわざ買うことがあります。 柔らかい靴は、それ自体がよじれたりしなったりして、ペダル軸に対して様々な足の角度を可能にします。

そういった自由度を、ソリッドな環境で実現しようとするのが、この3axペダルです。

すぐに購入しようと思ったのですが、現在代理店が入荷した物は全てブラック一色のみだそうで。 樹脂ペダルでもない限り、黒いペダルは塗装ハゲが目立ちますからね・・・('A`) 少し我慢して、シルバーが入荷したら購入しようと思います。
実売は3万円くらいだと思います(高い

2016/10/09 Sun. 08:19 | trackback: -- | comment: 0edit

引っ張ったら割れそう 

Schmolke.jpg

昨今の自転車業界では、実に優秀なパーツがたくさん生産されています。 昔だったら命を削らないと手に入らなかった軽さも、その他の性能を犠牲にせず、両立する状態で達成している商品が今ではいくらでもあります。
そんな世の中では、かつて“飛び道具”で名前を売った会社は存在意義が微妙になってきています。 AX Lightnessなんてその典型です。 最近じゃフレームを作ってますが、大して軽いわけでもないし・・・。 はっきり言って迷走していると思います。

そんなイケてない軽量パーツメーカーの代表 その2だったのが、Schmolkeです。
しかし、Schmolkeがすごいリムを出してきたんですよ。 それが画像のTLO30!
リムハイトが30mmで、リム幅25.4mm。 フロント20Hの、リア24H。 推奨されるタイヤサイズは25C以上で、保証体重は100kg。 そして重量が1本270g。 さらに、1本の価格が約590ユーロ。 しかもこの価格、VATを含んでいるので日本から購入すると20%ほど安くなり、結局1本480ユーロ程度になります。 今のレートでは5万4000円くらい。 2本ペアで買ってもEnveリム1本の国内価格と変わらないわけです。

もうね、命いらないよ感がすごい。
常識的に考えて、強度的にも充分で、これだけ軽くて、半値でリムを作れるカーボン技術を開発したら、とりあえず「こいつらすごい技術革新したんじゃね?」ってバレるまで他社と同じ値段で売り続けて儲けまくりますよね。 普通。 バレたら値下げする。 いきなり半値ってことは(日記はここで途切れている

2016/10/02 Sun. 09:57 | trackback: -- | comment: 0edit