07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

社会人ホッケーはなぜつまらないか 

文章だけの記事で申し訳ないですが、社会人ホッケーがなぜ陳腐で楽しくなくなる傾向にあるのかというその理由の1つについて書いておきます。 いくつかあるうちの、1つだけです。 でも根っこは全てに通じる問題です。



『ゾンビアタックするな』



コレです。 この一言に尽きます。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト
2015/08/30 Sun. 22:39 | trackback: -- | comment: 0edit

7月の検索キーワードランキング 

1. 「シマノ ヂュラエース ペダル 分解」
昭和表記は滅殺対象

2. 「サーヴェロのジャージを着た」


3. 「脳外科医のひそかなたのしみ」
未だに検索キーワードに入っています。
私も残念です。

4. 「エイサップスケート」
帰って どうぞ

5. 「即断即決Tシャツ」
本当にこのワードでここに辿り着いたなら検索エンジンの過失でしょこれ


2015/08/27 Thu. 11:03 | trackback: -- | comment: 0edit

カスタムオーダーパンツ(テスト用) 

paint test
もうずいぶん前の話なんですが、カナダはトロントにあるRYR Sports Incという所にパンツを注文しました。

Small length but large volume.
-- 続きを読む --
2015/08/23 Sun. 23:23 | trackback: -- | comment: 0edit

運用できる環境が大事 

エッジの簡易交換機能がついたエッジとホルダーに興味が出てきたので。

Quick changeable holder.

-- 続きを読む --
2015/08/15 Sat. 22:12 | trackback: -- | comment: 5edit

カスタムスティック第3弾発注 

カスタムオーダー第3弾のために色々やっていましたが、実は既にモデルブレードをメーカーに送付してあります。 結論から言って、またテーパーブレードをベースに少し手を加えて済ませました(笑

成型モデルを作る作業は、実に楽しかったですし、結果的にその役目を果たすことはありませんでしたが非常に有意義でした。 費用も時間もかけましたが、私自身は無駄だったと思っていません。 簡単に箇条書きでまとめたいと思います。

1. カーボンブレードではできない形状変更は確実に存在し、その場合は是非成型モデルを作る必要がある
2. しかしワックス型はあまりに柔らかすぎて不向きだった
3. また原型となるカーボンブレードは非常に硬質なので、シリコン型取りではなくFRP型取りの方が向いている
4. 成型モデルも、熱をかければ適度に変形が可能なので、素材はポリ樹脂で良いと思う
5. 成型モデルを使えば試し打ちができない。だから大幅変更が必要なら大博打をして1回注文してみる方が良い
6. 本物のカーボンブレードを使って1回に行える変更はほんのわずか。それを繰り返すのが実際最良手だと感じた

こんな感じです。


ちなみに今回の仕様は↓

・銘柄  Easton Stealth CX
・グラフィック  Easton Stealth CX Gold
・表面処理  Extra Grip
  ブレードつや消し仕上げ
  Tri Cell Texture(シャフト側面に三角形のリブ)
・スティックとブレードの組み合わせ
  ブレード  V9EPRO
  シャフト  V9EPRO
・フレックス  80flex
・長さ  Custom Length 60-3/8"


これで、今まで使っていた65flexよりもっと柔らかいスティックが届くはずです。 推定50~60flex。
例年のことを考えると、届くのは12月に入ってからです。 それも中旬から下旬にかけて。 5ヶ月待つのは長いですが楽しみにしていようと思います。

2015/08/08 Sat. 14:04 | trackback: -- | comment: 1edit