12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

心が汚いと丸くできないm9(^Д^) 

Inner pulley cage making更新頻度が上がりませんが、その理由は作業が進まないからに他なりません^q^ 1.2mmのカーボンでこれなんだから、アウターケージ用の3mmに取りかかったらどうなってしまうのでしょうかw

You should not use something like knife because it may damage by carbon fiber.
Sanding is better.
-- 続きを読む --
スポンサーサイト
2011/01/31 Mon. 02:06 | trackback: -- | comment: 1edit

はしごの末に得た1枚の板 

Campagnolo's pulley cage shaft mesurement加工それ自体もさることながら、我々のような店舗に一般人にとって大変なのが材料の確保です。 カーボン板を探すのに、秋葉原にあるラジコン屋を全て回りました(笑) しかも見つかったのはインナープーリーケージに使える薄さの物のみ。 ということで、今回はまずインナープレートの制作からスタートです。

Magic black powder.

-- 続きを読む --
2011/01/25 Tue. 00:59 | trackback: -- | comment: 0edit

創造する側になりたい 

やはり人間というものは、「人生一度はうp主と呼ばれてみたい」的な感情がきっとどこかにありますよね(´゚д゚`)
Making of large pulley cage for Campagnolo世界中見渡してみると、やはり最終的に一番ヤバい印象を与える自転車というのは、他にはないワンオフのパーツが付いていることが多く、さらに言うと、その所有者が自分で自作しちゃってたりするわけです。

There is no way without making yourself.

-- 続きを読む --
2011/01/17 Mon. 01:03 | trackback: -- | comment: 1edit

そこらへんのを取って付けたような違和感 

Soul-Kozak Seat clamp 28.6mmφ注文していたシートバインダーが早速入荷したというので、引き取りに行ってきました。
きっと代理店に在庫はないんじゃないかと思っていましたが、なんの・・・ちゃんとありましたよ(笑)

Every people should stock this!

-- 続きを読む --
2011/01/14 Fri. 23:10 | trackback: -- | comment: 0edit

理解することから始める 

あまり話題にしたことはありませんが、私の父親も自転車はそれなりに好きな方で、彼や彼の自転車が私がこうして自転車に入るきっかけだったことは間違いありません。 当時は、アマンダのロードを見て「ハンドルの変な自転車」・・・Alex Moultonを見て「変な形の自t(ry」としか認識できていませんでしたがw
Campagnolo Record, Centaur, Sram Red rear derailleursそんな父親の遺産の1つとして、古い自転車パーツがそのへんに落ちていることがありました。 既に自転車にハマっていた私は、そんな風に玄関の土間に捨てられていたSuntour Superbのリアディレイラーを手に取ったのでした・・・(*´ω`)

Measure to make new one.

-- 続きを読む --
2011/01/14 Fri. 11:43 | trackback: -- | comment: 0edit

きっと第二第三の俺が(ry 

いきなりではあるのですが、この記事をもっと早く書いておくべきだったと少し後悔しています。 細部は大部分忘れてしまって、なかなか思い出すことができません・・・。
今回はいわゆる「スラミョーロ」、「スラニョーロ」について書きます。

It's also important that each pull power between RD and shifter.
-- 続きを読む --
2011/01/10 Mon. 23:08 | trackback: -- | comment: 0edit

高精度(笑) 

Phil Wood hub bearing hole tuningいよいよホイールビルド本番へ入るところです。 既に手に入れなければいけない部品は全て調達し、ショップへ送るために梱包も済んでいます。
しかし大問題が1つ。 フロントハブとして注文したPhil Woodのハブが、仮に組み上げたとしても空転しないんじゃないかと思うくらい玉当たりが渋かったのです。 私はそこまでハブの回転にこだわる方ではありませんが、これはなんとかしないとヤバいと感じるレベルでした^q^ ということで、何とかしました!w 今日はハブチューニングについてのリポート。

Need to concern the thicness of anodize.

-- 続きを読む --
2011/01/10 Mon. 11:53 | trackback: -- | comment: 0edit

規格をストックする 

3本+固定車でどこまでケイデンスを上げられるかにちょくちょく挑戦しているこの頃です。 本気のスポーツはホッケーで十分なのですが、趣味といえども楽しむためにはある程度の技量が必要です。 スタンスがまるで違いますから、勝負するためのスキルは必要ありませんけど。
Hashiguchi Extar Proton今回はズバリ「径」に関連して2部分のパーツを紹介します。 どちらも私の自転車に合う径が少なくなってしまって困っているのですが、いつものように私が特殊なことをやって勝手に苦しんでいるとかではなく、これは今やスチールフレームを使っている人なら誰でも苦しむ問題となりました。

Difference of material have made problems about compatibility of diameter.

-- 続きを読む --
2011/01/07 Fri. 00:40 | trackback: -- | comment: 2edit

「背水の陣」でコツをつかむ 

あけましておめでとうございます。 今年も皆様それぞれによい年でありますように(*´ω`)
White pistさて、新年早々これを組み上げました。 ピストバイクです。 固定車はフリー機構による逃げがないので、ごまかしがきかずよい練習になるといって前からほしかったのです。 ご厚意によってこうして乗ることができるようになりました。 感謝感謝で昨日からがんがん回してます!

Notice better pedaling.

-- 続きを読む --
2011/01/04 Tue. 00:08 | trackback: -- | comment: 4edit