10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

メイドインアビス 

メイドインアビス』は、つくしあきひと氏の漫画を原作とする近似異世界冒険譚です。 主人公はリコという少女。 幼くして生き別れたお母さんを追うため、世界最後の秘境とされる“アビス”という竪穴に挑みます。 その冒険を描いた物語です。

今季・2017年の夏アニメ(1クール 13話)として映像化され、私もこれを見て『メイドインアビス』を知ることになりました。 冒険モノとしては非常にありがちな設定に感じられ、当初は視聴さえしていませんでしたが、第1話から既に「これは素晴らしい作品だ」と感じ至り、気づくと即日のうちに原作全巻購入(これまでに6巻が刊行され、連載継続中)していました。

原作の内容が素晴らしいことはもちろんですが、アニメ化されるにあたっての作画クオリティ、声優、音楽全てに恵まれた傑作と言ってよいでしょう。 画風はコロコロとかわいい感じですが、過酷・残酷な描写を惜しむことがありません。 「エロ・グロはアニメに必要なの?」という問いかけがいかに不毛なのか ということがわかります。

冒険とは、本来どういった性質のものなのか? 現実世界の我々にとっても、身近な“冒険”として親しまれているものの1つに登山が挙げられますが、冒険とはすべからくこのような 生命の危険を伴うもの であり、そうしたリスクに自ら近寄って楽しみを得るものです。 冷静に考えれば狂っているとしか言いようがない危険行為ですが、現実に我々は、そうした“冒険”に一定の価値を見出し、尊敬や社会的地位を認めています。 『メイドインアビス』の世界では、このような価値観がさらに深く浸透しており、母親がリコの元からいなくなったのも 事故ではなく自らの意思で“アビス”へ挑むため踏み入ったことによります。 これは作中では「絶界行(ラストダイブ)」と呼ばれており、ある地点より先へ行くと、絶対に元の地上へは戻ってこられないことがわかっているアタックでした。

乳離れするかしないかという子供を残して、二度と帰ることのできない旅に出る ・・・我々の現実世界では考えられない行為ですが、“アビス”に挑むことへの価値観を共有する作中世界では、リコのお母さんの意志を尊重し、支援した人たちがいました。 そしてその娘が今また“アビス”に挑む旅に出たのです。

最後に一言。
ナナチかわいい。

スポンサーサイト
2017/10/22 Sun. 11:30 | trackback: -- | comment: 0edit