08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

4サイクルエンジンはマキタだけ(たぶん 

Makita EUB4250 engine blower

マキタのエンジン式ブロワー・EUB4250を購入しました。 庭掃除に使う予定です。 既に一台、コード式の電動ブロワーがあるのですが、機動力は低いし、風量・風圧も貧弱だし、やはりブロワーはエンジン式に限ります。
マキタ EUB4250は、数あるブロワーの中でも、私の知る限り唯一4サイクルエンジンを搭載しています。 他の物は2サイクルエンジンです。 このあたりの説明はくどいので省きますが、前者はガソリン燃料がそのまま使用可能で、後者は、ガソリンにあらかじめオイルを添加する“混合燃料”で働きます。 私は、混合燃料を使用することついてネガティブな印象しかないので、ぜひ4サイクルエンジンのブロワーにしようと決めました。
ブロワーを導入する主目的は、竹箒と庭、双方のダメージを減らすことにあります。 あまり認知されていませんが、竹箒というものは、“毛先”がなくなってしまうと著しく能力が失われます。 見た目に変わりがなくても、柔らかい毛先がなくなってしまえば葉っぱをかきだす能力がなくなってしまうのです。 石やアスファルトの地面を掃除すると消耗は特に顕著で、竹箒をヤスリで削っているようなものですから、太くて硬い“芯”しか残りません。 そのような竹箒を土の地面で使用すると、引っかき傷を作ったり、苔を傷めたりします。 掃除は毎日行いますが、行うほどに苔にダメージを与えるとは、本末転倒です。
ブロワーには、このような問題の軽減を期待するものです。 アスファルトや砂利が敷いてある駐車場をブロワーで掃除できれば、竹箒は土の上だけで使うように運用できます。 苔も潤い、剪定などに時間を回すことができるでしょう。 期待しています。

スポンサーサイト
2017/04/30 Sun. 23:55 | trackback: -- | comment: 0edit

新しいリューターを導入 

Eco Grande

今までは友人からタダでもらったリューターを使っていたのですが、先日母親が机から落下させて動かなくなってしまいました。 その友人と相談して、かねてからもっとちゃんとしたリューターを買おうと相談していたところだったので、よい機会と思い、アルゴファイルジャパンのエコグランデ GES-800STを購入しました。

そして今日ようやく日の目を見たのですが、これがもうスゴかった
今まで使っていた1万円するかしないかくらいのリューターがただのオモチャだということがよくわかりました。 もう全く別次元。 2000回転/分で動いているのにほぼ無音に近くて、最初不良品を疑いました。 ちなみに1万円のだと2000回転で既に激しく音鳴りしているところです。
そしてスケートの銅リベットを削ったのですが、全く回転数が落ちることなく、アメでも削っているかのようにどんどんなくなっていきます。 これはすごい。 いやスゴすぎる。 こんな機械があれば、本当に気兼ねなく銅リベットが運用できます。

現在スケート靴をまた少しカスタム中。 作業終わったら記事にしましょう。
2016/05/22 Sun. 23:11 | trackback: -- | comment: 0edit

綿の詰め過ぎ 

Bil-Lit

6ヶ月前に購入したBil-Lit。 実は火がつきにくく、改善する必要を感じていました。 火花を飛ばしても着火しなかったり、火がついても10秒もしないうちに弱々しくなってゆき最終的に勝手に消えてしまう状態です。
原因の予想はついていました。 それはタンク内にある綿わたの詰め過ぎです。 確認したところ、中に入っていたのはZippoのようなボール状の綿ではなく、かなり硬質な感じで板状にプレスされた綿でした。

というように、ある程度の事は考えてあったわけですが、どうにも面倒でそのまま放置していました_(:3 」∠)_  全く火がつかないというわけでもなかったのでよけい・・・。 それを今日、綿を全部抜いて新しく詰めてみました。 今度は割とふわふわと入れたつもりです。
結果から言うと大成功で、ちゃんと火がつくようになりました。 綿っていうのは、そのフワフワしたところに空気や水を蓄えるわけですから、あまりに硬く圧をかけたり詰めてしまうとその隙間がなくなってしまいます。

さぁ、これでBil-Litの死角はなくなりました! 実にいいライターです(*´ω`)  あれ以来売っているところも見ませんし、いい買い物をしました。

2015/06/14 Sun. 17:21 | trackback: -- | comment: 0edit

タフな買い物で迷いを捨てる 

11138498_857562520977485_369643728320992672_n.jpg

確か2月の時点で注文していた、400kgの荷重まで保証している高負荷バーベルバーが届き、さっそく今日使ってみました。

Atlasという日本の会社の物で、価格は2万5920円(送料無料)でした。 私がこれまで購入してきたプレートの規格は、スタンダードと呼ばれる穴径28mmΦの物だったのですが、これに対応するIvankoの標準品は140kgまでしか保証していません。 一方、Atlasの物を含めて「高強度」と銘打たれたバーは400kgくらいまで保証する物が主流です。
スタンダードではない50mmΦの規格に変更すれば、最初からもっと高い負荷で設計されている物ばかりです。 しかし今さら規格を変更すると、プレートを買い直す失費は大きい・・・。 スタンダード規格の高負荷バーとはまさに渡りに船でした。
ところがIvanko純正の高負荷バーは5万円もするのです。 いや、正直これ1本買ったら一生使えるわけですから5万くらい気前よく払ってやれよ!!と心の中では思うのですが(しかも黒い仕上げかっこいい)、そうも言っていられません。 そんなところでAtlasのバーは充分投資可能な金額でした。

実は2月購入直後に一度届いたのですが、ローレット加工に不備があり交換となりました。 届いた不良品が最後の在庫だったらしく、作り直すので時間がかかると言われ、昨日届いたということです。
悪いことばかりではなく、当初届いた商品にはいわゆる「810mmライン」と呼ばれる印がありませんでした。 私はスクワットにしろベンチプレスにしろこれを頼りにしていたので、なくて少し困りました。 どうせ作りなおすなら目印を入れてもらえませんかとお願いしたところ快諾してくださり、写真の物にはちゃんとラインがあります。
使用感としては、これまで使っていたIvankoの物に比べてローレットが甘く、スクワット中に手の平の中をぬるぬると滑る感じがします。 これは不良とかではなく、Atlasのはそういう細かさのローレットになっている、ということであろうと思います。 しかし個人的にはこれは少し困りものです。 今日のワークアウトでは、滑り止めのテープを巻いて対処しました。

現在スクワットを170kgで履行中。 今年中に200kg到達を目標にしています。

2015/04/11 Sat. 23:33 | trackback: -- | comment: 0edit

砥石を新調 

sharpening equipments

刃物を管理するのに必要な道具をまとめて新調しました。

シャプトンの人気砥石・『刃の黒幕』を4本新規に。 粒は、1000番→1500番→2000番→8000番の4種。 ケチらずに真ん中の5000番も買っておけばよかったかもと既にモヤモヤしています。 また裏押し・裏出し作業の為に、土牛の専用金床と冶常三郎の特厚金盤をそれぞれ1つずつ。 全部で2万円強でした。
刃の黒幕はこんなにふざけた名前なのに売れまくっているからすごいです。 一番細かい8000番の箱にだけ、注意書きが入っていました。 曰く、「軟化してしまうから10分以上水につけるな」とのこと。 今まで砥石は水につけっぱなしで保管していましたが・・・。 「軟化してしまったら、その部分が全てなくなるまで削り取れ」とまで書いてあります。 今まで使ってきた砥石と根本的に違うのかもしれません。
常三郎の金盤は、送り返せば平面出しをしてくれるアフターサービスまで見込んで決めました。 砥石は修正できても金盤は私の手ではどうにもなりませんからね・・・。

8000番の砥石ですら私に必要あるのか疑問なのに、刃の黒幕で一番粒が細かいのは3万番(!)というのがあるそうです。 人工砥石なのに、お値段も3万円オーバー。 世界が違いすぎて想像がつきません

2015/03/08 Sun. 14:00 | trackback: -- | comment: 0edit

Ciamillo系 

私は喫煙もしませんし、登山行の趣味もないのですが、灯火を起こすための小物 つまりライターを持つ必要があり昨年から探しておりました。

そして年末にこちらのライターをゲット。

Bil-Lit

アメリカで製造されているBil-Litというライターです。
見た目はZippoそっくりですが、それより一回り大きく、同じオイル式でも所謂“タンク式”。 全体が1つのインゴットからNC加工で削り出された一体成型。 重量は乾燥状態で90gでした。
特にヒンジは精巧かつ頑丈に造形されているので、Zippoの貧弱さとは比べ物になりません。 このヒンジの設計は、Zippoのように燃焼機関をケースから引き抜く作業が必要なようだと難しいでしょう。
ちなみにこのライターは7000番アルミですが、他にも真鍮製などがあります。

Bil-Litはそもそも受注生産品なので、数が出まわる品物ではありません。 何度か製造元にメールをしましたが、返事があったのは一度だけで、以後一切連絡がつきませんでした(苦笑 今回入手できたのはたまたまです。
2015/01/20 Tue. 22:10 | trackback: -- | comment: 0edit

こんにちは今年 

DSC00356.jpg新年のご挨拶+時節にふさわしい逸品のご紹介。

A local Geta for attending Toshogu shrine.
-- 続きを読む --
2010/01/02 Sat. 23:00 | trackback: -- | comment: 0edit