01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

実用や本質と立場や正義がせめぎ合うブログ

コインは表と裏がくっついてコイン。 表の後ろを裏と呼び、裏の前を表と呼ぶ。 要するにコイン。

告知 : しばらく記事の更新が滞ります 

cactus house making



完成(もしくは失敗が確定)するまで、ブログの更新をお休みします。 おそらく 5 月くらいまで・・・。

スポンサーサイト



2020/01/20 Mon. 23:08 | trackback: -- | comment: 0edit

こんな亀甲竜があるんですね 

dioscorea.jpg
(出典 : https://bit.ly/2m9xTmF )


「亀甲竜」といえば、アフリカ亀甲竜(Dioscorea elephantipes) と メキシコ亀甲竜(Dioscorea mexicana) しか知りませんでしたが、これは ディオスコレア・バルトレッティ(Dioscorea bartoletti) という新種だそうです。 先行 2 種と違って、縦に成長する性質があるのだとか。



とはいえ、“亀甲” 要素がやや薄く、それを目当てに亀甲竜を愛でる人にとってはあまり魅力は大きくないかも・・・。 インターネットで検索してもこれ以外に見つからなかったため、個体差についてもわかりません。 これに比べたら、カリバナス・フーケリー(Calibanus hookeri) の方がよっぽど “亀甲” らしいかも。

2019/12/29 Sun. 12:00 | trackback: -- | comment: 0edit

オザキフラワーパークを初訪問 

Ozaki flower park東京都心でホームセンターや園芸用品店を探すのは容易ではありません。 私がほしかったのは、土 と 鉢 。 こういう基本的な物ほど、大型店舗でない限り充実していないものです。 いろいろ調べた結果、石神井の オザキフラワーパーク が最もよさそうだと結論づけて、さっそく行ってまいりました。



(この記事の内容は本年 9 月初旬のできごとをまとめたものです)



It's rare in Tokyo that there is free parking of the shop. Nice!

-- 続きを読む --
2019/12/22 Sun. 21:55 | trackback: -- | comment: 0edit

石化 と 綴化 

Yodaサボテンにはある種の “奇形” がよく発現しますが、品種本来の姿かたちを逸脱していても、価値観に見合えば むしろおおいに愛でる文化がサボテン界隈には色濃く存在します。 そのような個体のことを、界隈では「せっか(綴化)」と発音して言い示してきました。



Is it really possible to separate all variation into the 2 kinds?

-- 続きを読む --
2019/12/15 Sun. 20:43 | trackback: -- | comment: 0edit